• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

機械工学科の特長

学科の特色と教育方針

機械工学科で学ぶメリットとは

機械工学は、「モノづくり」の基礎となる学問です。私たちのまわりには生活を支えるたくさんの「モノ」(=工業製品)があふれています。これらをどのようにして作るのか、そして、より良いものを作るにはどうすればよいのかについて、 特に「機械の設計と生産」、「機械を使った生産プロセス」や、「機械システム」を対象として、その基本となる原理と方法を扱う学問が機械工学です。

教育方針

中部大学機械工学科は、設立以来の伝統である「社会の基盤を支える機械技術者を育成する」という理念のもと、地に足のついた基礎的な力と粘り強い実力を持った機械技術者を着実に育てていくことを教育方針としています。そして、「基礎学力」「表現能力」「実践能力」の3つをバランスよく備えた機械技術者を社会に送り出すことを目指しています。

基礎学力、実践能力、表現能力の3つをバランスよく

学生が達成すべき目標

機械工学科の専門教育科目構成およびその内容と評価基準は基本的に以下のような目標に沿って設定されています。

基礎学力

  • 機械工学に必要な数学の基礎知識を有し、応用することができる。機械工学に必要な数学の基礎知識を有し、応用することができる。
  • 機械工学に必要な物理法則の基礎を理解している。
  • 機械工学の基礎的な専門用語とその概念を理解している。

表現能力

  • 専門性のある文章を理解し要約できる。
  • 自らの意見を整理し、論理的に伝えることができる。
  • 技術文書や図面、パソコンによる基礎的な表現技法を身に付けている。

実践能力

  • 機械工学の基礎知識を用いた「設計」(デザイン)ができる。
  • 直面する技術的課題における問題点を見つけ、それを解決するための行動がとれる。
  • 組織・社会における役割を認識し、チームワークを組んで計画的に技術的課題を遂行できる。

CAD images courtesy of DASSAULT SYSTEMS

授業風景1    

CAD授業風景3    CAD授業風景2

CAD授業風景1  machining  5DOF_NC

授業風景2  授業風景3  

  Lathe    

 

ページの先頭へ