語学教育センター

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

きっずせみなあ2014 開催について

【2014年7月15日】

今年も「きっずせみなあ」を開催します!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 

第16回親子のための異文化理解講座
「きっずせみなあ2014」

テーマ:どこから 来たの?

「きっずせみなあ」概要

本講座は1999年、コミュニケーションの道具としての語学への関心や意欲を高め、人と人とが双方向にコミュニケーションするための素地となる「異文化認知力」「異文化受容力」を育成するため、語学センターが地域向け生涯学習講座として開始したものです。

言語そのものを教育するのではなく、自分の周りにもいる様々な人たち、その人たちの文化・言語に心を開き、やがていつか世界へと関心を広げていってほしいとの願いがこめられています。

講座には小学生のほか、「きっずせみなあ」OBである中高校生、大学生アシスタント、そしてゲスト参加者(異文化を背景に持つ人たち)が参加し、年齢、職業、国籍、性別を越え「ともに学び合う」ことを目指しています。ぜひ過去の講座のwebにある写真や内容紹介にて、本講座の様子をご覧ください。

[創始者:小栗成子(中部大学教授)/尾関修治(元中部大学教授)]

きっずせみなあ2014内容

私たちの身のまわりにあるもの、私たちが普通にしていること、私たちが毎日使っているものの中には、世界のいろいろな国や、そこではたらく人たちとつながっていることがたくさんあります。 

16年目を迎えた「きっずせみなあ2014」では、8月・12月・3月の3回に渡り、視点を変えて私たちと世界がどのようにつながっているのかを発見していきます。

開催日時

  • 2014年8月30日(土曜日)
  • 2014年12月26日(金曜日)
  • 2015年3月29日(日曜日)

いずれも13時00分~17時00分 [3回で1講座です] 
※12月26日は昼食交流会あり(11時00分集合)

講 師

小栗成子(語学センター・教授/英語教育、異文化理解教育、協調的学習)
太田伸幸(現代教育学部 児童教育学科・准教授/教育心理学、社会心理学、教育工学)

募集内容

  • 対象:小学3年生~中学3年生
  • 募集人数:20人程度[先着順]
  • 募集期間:7月22日(火曜日)~8月22日(金曜日)
    • 3回で1つのプログラムのため、3日間参加できる方のみに限らせていただきます。
    • 定員に満たない場合、小学1~2年生の方にもご参加いただけます。ご希望の方は「仮予約」としてお申し込みいただきますが、参加申込の前にあらかじめ語学センターまでご連絡ください。

保護者の方のご参加

  • 小学1~2年生で初めてご参加頂く場合には、ご一緒に保護者の方が参加されることをお勧めします。(強制ではありません)
  • 小学3年生以上の方のご参加にも、保護者の方もご一緒いただけます。
  • 保護者の方が参加をご希望される場合、準備の都合上、いつご参加いただけるか事前予約をしていただきます。
    • 「きっずせみなあ」ではいらした保護者には見学ではなく、講座にご一緒に入って頂きますのでご承知おきください。

受講料

3日間で子ども一人5,000円(教材費、保険料)

  • 参加頂ける方々が確定し次第、受講料をお振込いただきます。
  • お振込頂いた受講料は、途中で参加中断された場合などでも返金しかねますのでご了承ください。

お申込みにあたって

  • 初めて参加をお考えの方は、講座の様子、内容について「きっずせみなあ公式web」をぜひご覧ください。
    きっずせみなあ新しくウィンドウが立ち上がります
  • 2014年度のお申し込みは終了しました
    お申込フォーム(受付期間:2014年7月22日~8月22日)

昨年度 参加者の感想

  • 小学1年生
    クイズをつくるのがたのしかったです。またきたいです。
  • 小学2年生
    グループでこっきをはるのがたのしかったです。
  • 小学3年生
    これから、こっきや国の名前を覚えたいと思います。グループ活動をするのが、とても楽しかったです。
  • 小学5年生
    今回は、たいしゲームではなくリサーチャーゲームになりおもしろいと思いました。
  • 保護者
    ・今年も「外国へ行ってみたい」と思う3日間でした。
    ・ゲストの話は、生の情報がいただけそれぞれの国に又一層の興味がわきました。
    ・一生懸命動いている娘の姿をみられたこともとれもうれしく感じました。
    ・今回は住む場所や建物の変化を知ることが出来て楽しかったです。
  • OBスタッフ
    これからまだまだ世界のことを学んでいくと思いますが、学ぶだけではなく、実際に"本物"を見てみたいと思います。いろいろなくらしや文化も、実際に見て体験しないとわからないと思うので、いつか世界一周したいです!!

お問い合わせ

中部大学 語学センターへメールまたはお電話で。
Email:kids2014@lc.chubu.ac.jp
TEL:0568-51-4382

ページの先頭へ