中部大学幸友会

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

中部大学幸友会について

中部大学幸友会について

中部大学幸友会は中部大学をはじめ中部大学第一高等学校・中部大学春日丘高等学校・中部大学春日丘中学校を擁する学園の創立50周年を記念して、平成元年に設立されました。本会は講演会・コンサートや研修講座、学園設置校就職担当者との懇談会、企業ガイドの発行などの諸事業を通じ会員と学園との学術的・文化的交流を図り産学協同の推進に努めております。「幸友会」の名称は、学園創立者三浦幸平先生の名前に因み、命名されました。

産官学共同研究の連携

中部大学は、伝統ある工学部を基礎に7学部30学科、大学院6研究科を擁する総合大学として発展しております。多様な分野の研究者が集まり、領域を越え、柔軟にチームワーク力を発揮しております。中部大学には知的財産が豊富に蓄積されており、企業の開発戦力にご利用いただく仕組みが作られております。産官学連携を推進する中部大学の研究支援センターでは、これまでに各企業からさまざまな研究開発のテーマが大学に持ち込まれ、個々に実益成果を上げております。

文化・教養プログラム

幸友会では、中部大学ならではの文化創造、情報提供を積極的に企画。キャンパスコンサートや研修講座、各種公開講座、研究発表などに会員の皆様をお誘いしております。

組織

会員数(2019年3月現在)
法人会員 845法人
個人会員 433名
名誉会長 飯吉 厚夫
       (学校法人中部大学理事長 総長)
会長    松尾 隆徳
       (春日井商工会議所 会頭、東洋電機株式会社
         代表取締役会長)

人材採用時における連携

企業は人なり。IT時代といえども人間が中心であることには変わりはありません。技術立国日本は少子化に悩む一方で、各企業は優れた人材を切に求めています。中部大学は、建学以来一貫して「不言実行」あてになる人間づくりをめざす実学教育に徹してきました。幸友会は、皆様の企業が求める新卒学生・生徒を優先的に紹介する太いパイプとなっており、毎年学園全体の約18パーセントを超える学生・生徒が会員企業に就職しています。
 

幸友会の事業

  • 総会・役員会の開催
  • 学術文化興隆のための事業
    • 研修講座の開催
    • 講演会の開催
    • 中部大学キャンパスコンサートの協賛
    • 中部大学公開講座の後援
  • 学園が行う地域交流を支援、促進するための事業
    • 産学協同事業の推進
  • 懇親会の開催、企業ガイド(幸友会就職ナビ)の作成および中部大学学内企業説明会協賛
  • 会員相互の親睦と啓発のための事業
  • 幸友会報「幸友」・会員名簿の発行
  • 中部大学通信(ウプト)の配付
  • 学園が行う“人間力を高める教育”を支援するための事業
     

ページの先頭へ