• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

松竹大歌舞伎観劇会に行ってきました!

【2018年7月17日】

松竹大歌舞伎鑑賞会

日本語日本文化学科の文化体験として、7月16日(月)に春日井市文化会館で催された「松竹大歌舞伎」を見に行きました。
次代の歌舞伎界を担う清新な魅力あふれる花形俳優“尾上菊之助”をはじめ、役者たちの演技に魅了されました。

[出演者] 尾上菊之助、坂東彦三郎、中村梅枝、中村萬太郎、中村米吉、市村橘太郎、市川團蔵 ほか

[演 目] 一、近江のお兼(おうみのおかね)
        二、曽我綉俠御所染 御所五郎蔵(そがもようたてしのごしょぞめ ごしょのごろぞう)
                三、高坏(たかつき)

学生の感想

林裕梨子さん(2018年度入学)

 私は今回の鑑賞会で初めて歌舞伎を観劇しましたが、まず思ったことは「親しみやすさ」でした。さらしを使った舞や高下駄を履いてタップを踏むコミカルな舞は、エンターテインメントのショーを観ているような気分になりましたし、趣向が凝らされた様々な演出がお芝居の随所に盛り込まれていて、とても楽しい舞台でした。
 今まで歌舞伎というと堅苦しい世界というイメージしかなく、台詞を聞き取るのも難しいのではと少々不安でした。しかし、今回観劇して、自分の持っていたイメージよりもずっと現代のお芝居の感覚に近く、親しみやすいものだと感じました。

小池裕之さん(2018年度入学)

 私は、歌舞伎は笑みがこぼれることのない堅いものだと考えていました。しかし、今回初めて歌舞伎を見て、歌舞伎へのイメージがガラッと変わりました。
 特に印象深かった演目は「高坏」です。この演目は、思わず笑ってしまう楽しい舞踏劇です。何より私を惹きつけたのは、高下駄でのタップダンスでした。歩くのも難儀そうな高下駄で開脚したり踊ったりしていたその姿は、大変魅力的でした。
 音声ガイドのイヤホンをつけて鑑賞していると、「高坏」では1回の公演で5足の高下駄を用意し、2足ほどは壊れてしまうという解説がありました。私たち観客を楽しませるための迫力ある演技に、日本の伝統芸能のすごさを感じました。
 また機会があれば、伝統芸能を直に鑑賞したいと思います。

ページの先頭へ