チュラロンコン大学(タイ)

所在地

タイ王国

チュラロンコン大学について

チュラロンコン大学はチュラロンコン王(ラーマ5世)に由来し、後継者であるワチラーウット王(ラーマ6世)によって1917年に設立されたタイ王国において最も古い歴史をもつ権威ある国立大学である。キャンパスはバンコク市街に位置しており、現在18の学部と多数の研究施設からなり、学生数は学部生約18,000人、大学院生約9,000人の計約27,000人からなっている。チュラロンコン大学工学部(工学研究科)と中部大学工学部(工学研究科)との間で、工学の先進的分野での共同研究やインターンシップを推進することを目的に、2014年5月に部門間学術交流協定 (MOU) を締結するに至った。

チュラロンコン大学ホームページ新しくウィンドウが立ち上がります

チュラロンコン大学
チュラロンコン大学 工学部 計算機工学科 にて

ページの先頭へ