• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学長表彰とホシノドリームズプロジェクト・アワード-今後も感謝の気持ちを忘れず、夢に向かって進んでいきます(特派員:三輪 晃久)

【2016年3月18日】

     
                                                    

2016年1月21日、「平成27年度学長表彰の会」にて、私はホシノドリームズプロジェクトの一環で、アメリカのマイナーリーグShort-season Single AのTri-City Dust Devils というチームで約2ヵ月間、ビジネスインターンシップを行ったことで表彰されました。

         

当日は、約60人の勉強や研究、社会貢献などさまざまな分野で業績をあげた学生が集まりました。とても刺激を受けることができた会でした。

また、翌日1月22日には、東京で開催されたホシノドリームズプロジェクト・アワードに招待され、インターンシップを無事終えたことを表彰されました。会場にはチェアマンの星野仙一氏をはじめ元バレーボール日本代表の川合俊一氏など、多くのスポーツ界の代表の方々、スポンサーさんがいました。会場はとにかく高級感があり、緊張しましたが、多くの方々の前でスピーチをすることできました。多くのスポンサーの方々のおかげでインターンシップに行くことができたので、感謝の気持ちを伝えることができ、とても良い機会でした。星野氏、川合氏からは、直接激励の言葉もいただくことができたので、また気合が入りました。

僕のように支援を受けている、4種の格闘技で王者になろうとしている女子高生とそのお父さんや、障がいを持っているアスリート夫妻の素晴らしい活躍からも、とても刺激を受けました。このような素晴らしい賞を受けることができましたが、自分一人ではなにひとつ達成することができないことだと改めて感じることができ、今後も感謝の気持ちを忘れず、努力を惜しまず、夢に向かって進んでいきたいと思います。

【関連記事】
国際関係学部4年生 三輪晃久さんがホシノドリームズプロジェクトのスポーツビジネスインターンシップ8期生に合格

ページの先頭へ