• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2019年度第4回 国際関係学部研究会 (教授:澁谷鎮明)

【2019年10月16日】

2019年度第4回国際関係学部研究会(教授:澁谷鎮明)

 国際関係学部では、概ね月に一度、学部教員による研究発表会が開催されています(教職員・学生は自由に聴講できます)。
今月は、『マレーシアペナン島研修を終えて−「英語だけではない英語研修」を目指して』と題して、同研修プログラムのコーディネーターである澁谷鎮明教授と、研修参加者の一人である酒井田佳之さん(国際学科4年生)による発表が行われました。
このマレーシアペナン島研修は、今年度よりスタートした国際関係学部独自の海外語学研修プログラムです。8月下旬から9月初旬の約2週間、本学の協定校であるマレーシア科学大学で実施され、学部生10名が参加しました。
研究会は9名の教職員が参加し、15時半から16時半まで約1時間にわたり、発表と質疑応答が行われました。

澁谷 鎮明 教授

酒井田佳之 さん

研修に参加した学部生の皆さん

 

ページの先頭へ