• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

【国際関係学部学生の活動を紹介します】11月2日・3日・4日「第55回中部大学祭」

【2018年11月8日】

東アジア民族衣装ファッションショー、学園連携フォーラム、模擬店、ステージ企画で、3日間とも大いに盛り上がりました

11月2日(金曜日)・3日(祝日・土曜日)・4日(日曜日)に行われた「第55回中部大学祭」、国際関係学部の学生は「中部大学東アジア民族衣装ファッションショー」、「学園連携フォーラム」、「模擬店」、「ステージ企画」に参加し、当日来られた卒業生の皆様、一般のご来場の方、教職員、そして仲間の学生同士で、大いに盛り上がりました。

当日の国際関係学部の学生の活動を、写真で紹介します。

【中部大学東アジア民族衣装ファッションショー】
11月4日第一部を11時から12時30分、第二部を13時30分から15時、三浦幸平メモリアルホールで開催しました。

「2018年度チャレンジ・サイト」の「課題発見型プロジェクト」として採択、当日は大学祭の研究発表展として実施されました。

また、NHKが取材に来られ、当日午後6時45分からの「東海3県のニュース」で放送されました。

中国の漢の時代から現代までの各時代ごとと、少数民族の文化について紹介したスライドを背景に、色とりどりの衣装を着たモデルが会場内を歩く、趣向を凝らしたショーとなりました。

 

各セクションの冒頭の説明は中国語で行われ、学生達が日ごろ磨いた語学力を披露する機会にもなりました。

 

ショーが終了した後は、モデルたちとご来場の皆様との交流の時間が設けられ、歓談や記念撮影で大いに盛り上がりました。

 

 

【学園連携フォーラム】
11月3日11時から不言実行館3階にて行われた「学園連携フォーラム・コモンズサポーター企画 大学生によるオープンキャンパス&中高生による活動紹介」において、国際学科は「知る、話す、体験する!」をテーマに、特色ある授業、授業以外の自主的な学び、海外体験についてのポスターセッションを行いました。

 

【模擬店】
3日間ともキャンパス内のメインストリートで開店。国際関係学部からは財部香枝研究室が模擬店を出店しました。ご賞味いただいた方、お味はいかがでしたか?

    
 

【ステージ企画】
体育館特設ステージで行われたステージ企画。11月2日には国際関係学部の学生と教職員の混成グループ「松本1200」が出演し、来場した学生、卒業生、教職員と共に大いに盛り上がりました。

        

学生たちが日ごろの学びや諸活動の成果を発表する、充実した3日間となりました。来年も「中部大学祭」にぜひご参加ください!
    

 

 

 


 

 

 

 

ページの先頭へ