• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

韓国語ショートムービーの翻訳・発表をしました(特派員:りりす)

【2018年7月2日】

 

  

私たち澁谷ゼミでは、主に韓国の文化・社会について研究しています。

今回は、韓国の文化・社会や言語を一度に楽しく学ぶためにコマーシャルフィルムなどのショートムービーを使いました。

発表者が用意した韓国語のコマーシャルフィルムをゼミ生全員で鑑賞しながら発表者が簡単に翻訳をし、またそのコマーシャルフィルムから読み取れる韓国社会の特徴や文化を解説していきます。例えば、ひとりのゼミ生は배달통(配達通)という韓国で流行ったコマーシャルフィルムを使い、韓国の宅配文化について発表を行いました。コマーシャルフィルムの中に出てくる「내 입맛을 그렇게 몰라?(私の「입맛」をそんなにも知らないの?)の「입맛」という言葉について、これは「食欲」と訳すべきなのか「好み」と訳すべきなのかについて議論しました。

他にもドラマの一部分を切り取ったようなコマーシャルフィルムを使い韓国語の特徴について解説をしたり、韓国のコマーシャルフィルムならではのリズム感について発表したりするなど、題材は様々です。ゼミ生の個人の韓国語能力も様々ですが、コマーシャルフィルムならではの映像から読み取れる情報などを使って、自分なりに解説をしながらみんなに紹介をします。また、その中でも重要なポイントは先生がまとめて黒板に書いて正しく説明してくださるのでとってもわかりやすく簡単に韓国語について学ぶこともできます。

澁谷ゼミでは韓国について興味を持っている学生が多く在籍しているため、いろいろな方面から韓国を見つめることができるゼミだと思います。特に私たちの学年から、学部が国際学科1学科になってゼミの学生数が増えたため、より韓国の文化・社会について深く学びたいと考える学生も多くなり、ゼミでは今後さらに韓国について専門的な事を学ぶ機会が増えると思います。

ページの先頭へ