• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

【卒業生の皆様 ご参加ありがとうございました】11月3日 国際関係学部ホームカミングデー

【2016年11月4日】

  

 「語ろう!中部大学国際関係学部」
 卒業生の皆様と在学生と教職員が、和やかな雰囲気で交流を行いました

 

11月3日10時30分から国際関係学部会議室にて

ホームカミングデー「語ろう!中部大学国際関係学部」

を開催しました。


河内学部長からの開会の挨拶の後、当日ご出席の卒業生の皆様、在学生、教職員の簡単な自己紹介が行われました。

続いて、在学生6名が「自らの学生生活」と「先輩方からアドバイスをいただきたい事」について語りました。なお、当時の司会進行も、学生が担当しました。

      

     

その後、卒業生の皆様、学生、教職員の三者によるフリートーキングを行いました。

  

卒業生の皆様からは、学生時代の思い出や近況についてお話をいただいた後、後輩や学部全体に向けての温かいメッセージをいただきました。以下、一部を紹介します。

・この学部に入って「世の中にはいろんな価値観の人がいる」ということを学べたおかげで、社会に出てからも「世界に向けてアンテナを張る」ことを習慣づけることができました。ここでの体験は私にとっての「宝」です。休日には、外国から来て街で困っている人たちに声をかけてお手伝いをするボランティアをしています。

・大学での4年間はあっという間に過ぎていくので、学生のみなさんは「やりたいこと」に全力投球で取り組んでいただきたい。

・2016年から「国際学科」1学科になったことで、学科の垣根無く「学びたいことが自由に学べる」ようになったのはとても良いと思いました。パンフレットを読んで、私自身も「また入学したい」と思いました。

・大学時代に得た最大の宝物は友人との人間関係です。

このほか、「ゼミの選び方のポイント」、「学生時代に読んでおいた方が良いお勧め本」などの質問、「選挙に対する向き合い方」についての話題提供が在学生からあり、終始和気藹々とした雰囲気の中、活発な意見交換が行われました。

会話が大いに盛り上がる中、定刻の12時を迎え、加々美学部長補佐の閉会挨拶、午後から実施の「研究発表展」のご案内の後、会は終了しました。

ご多用の中、当日ご参加をいただきました卒業生の皆様、誠にありがとうございました!

中部大学国際関係学部では、今後も「先輩」である卒業生の皆様と、在学生・教職員との交流の機会を積極的に設けていきたいと願っております。今後ともよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ