• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

文化が違うのだから間違えるのは当然でしょ? -オハイオ大学長期研修を終えて-(特派員:いか)

【2016年8月3日】


私は国際関係学部の2年生です。今年の3月5日から6月26日まで、中部大学のプログラム「オハイオ大学長期研修」により、アメリカに留学していました。

表題にした言葉は、現地に居る時に言われた言葉です。4月の第3週目にinternational weekというイベントがあります。その最終日にinternational street fairというお祭りがあり、中部大生も手伝います。私はネームタグに片仮名と英語を書いてました。暫くするとインド人女性に名前を書いて欲しいと頼まれ、書いていていたときミスをしました。謝ったらその女性は「気にしなくていいわよ。だって文化が違うのだから間違えるのは当然でしょ?」と言われました。

私はこの時ものすごい衝撃を受けました。頭では日本と違うと理解していたつもりでしたが実際肌で感じると、すごく新鮮で価値観の違いに触れました。

                                    

日本人は間違う事を凄く恐れる傾向があります。しかし、アメリカを始め諸外国は「間違えてもいい。むしろ間違った方がいい」という傾向があります。この価値観の違いを自分の肌で感じる事が出来て、今迄恐れていた事が無くなりました。この留学を通じて様々な国籍の人達と出会い、新たな発見をして考え方が180度変わりました。今までは自分の意見に自信を持つことが出来ず消極的でしたが、積極的に意見を述べ、間違う事を恐れなくなりました。この経験をインターンシップや新たな留学に向けて繋げていけたらと思います。

また、私は8月5日・6日・7日の「夏のオープンキャンパス」に学生スタッフとして参加します。当日、ここでは書き入れなった沢山の体験を直接皆さんにお話をしたいので、ぜひ、国際関係学部の会場までお越しください!お待ちしております!

ページの先頭へ