• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

国際関係学部学生による異食部の活動 番外編 名古屋ブラジルフェスタに行ってきました!(特派員:Ayami)

【2016年6月27日】

私は国際文化学科の3年生です。5月29日に栄・久屋大通公園で行われた名古屋ブラジルフェスタへ、国際関係学部の友人や国際人間学研究科国際関係学専攻の大学院生たち、および学部の先生方と行ってきました。

ブラジルの食べ物や音楽を楽しめるイベントで、私もブラジルのソーセージやパステルという食べ物を食べてみましたが、とても美味しかったです。ステージではブラジルの人気アーティストのライブが行われていて、日本のライブとは一味違い、観客も踊ったり体でリズムを感じたりしていて、とてもパワフルなライブでした。フェスタに参加している日本人が少ないこともあり、まるでそこだけが外国の場所のような感覚でした。

                                

国際関係学部異食部は、「美味しく学ぼう 世界の食文化」をモットーに、エスニック料理を時々食べに行き、世界各地のスパイスや調理方法の違いなど、食の奥深さを学んでいます。食文化に関心のある皆さん、とくに先輩と交流したい国際学科1年生の皆さんは、ぜひ参加してください!

                  

ページの先頭へ