• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

第3学生ホール・新メニュー紹介

【2015年5月28日】

栄養バランスを考えた、その日ごと手作り、日替わりの新メニューが登場!

今回は、人文学部棟に設置されている第3学生ホールの新メニューをご紹介します。

人文学部棟(25・26・27・28号館)は、もともと短大がルーツなので第3学生ホールとともに学部の建物が一つの学校のようにまとまっています。

今回、この第3学生ホールのメニューが大幅にリニューアルされました。これが人文の学生はもとより、他学部の職員などからも好評な様子.... ということでいってみると、なんとも手の込んだ料理でおいしい!

これをもっと多くの方に知っていただきたくWebで紹介させていただくことにしました。

セレクトデリランチ・その内容とは?

さて、中部大学で好評を得ているそのメニューは、セレクトデリランチ(500円)です。

構成は、

  • 本日のメインディッシュ 1種類(4種類程度から選択)+本日のソースメニュー(3種類程度から選択)
  • 本日のサラダ 2種類(6種類程度から2つ選択)
  • ドリンク(コーラ・メロンソーダ・お茶・カルピス・カルピスソーダなどから選択)

となっています。さらに100円追加するとスイーツが付きます。

いろいろ選ぶのはちょっと難しそうな気もしますが実際はどのようなのでしょうか?ここで学生に協力してもらってオーダーの流れを紹介します。

1.食券を購入します

券売機で食券を購入します。学生が指しているあたりにセレクトデリランチのボタンがあります。券を購入したらトレイをもってサラダコーナーへ。

2.本日のサラダを選択します

まず、本日のサラダを2種類選びます。このようにショーケース内の料理を実際に見て選べます。番号が書いてあるので2種類店員さんに伝えます。サラダということですが、サンドイッチやフレンチトースト、さらには創作料理チックな野菜のお寿司等、様々なものが並びます。内容は日ごとに少しずつ変わるようです。

目新しいものがあったり、どれもおいしそうなので、学生も楽しそうに迷っていました。

3.本日のメインディッシュを選択します

次に本日のメインディッシュを選択します。こちらもショーケース内の料理を選びます。名前が書いてあるので好みのものを店員さんに伝えてください。こちらも日ごとに少しずつ変わっています。似たようなメニューも微妙に内容が変わっていることもあります。

目新しい料理もよく登場します。分からない料理があったら「これは何ですか?」と声をかけてみてください。きっと料理について面白い話が聞けますよ。学生もカメラを忘れて盛り上がっていました。

メインディッシュにはライスが付きますが、大盛りにしてもらうこともできます。

4.本日のソースメニューを選択します

本日のソースメニューを選びます。迷った時は、メインディッシュに合うお勧めを聞いてみましょう!時には、その日の天気などを勘案して突発的なソースが用意されることもあるので、聞いてみるのは本当におすすめです。

5.ドリンクを選択します

最後にドリンクを選択します。烏龍茶・緑茶・オレンジ・オレンジソーダ・カルピス・カルピスソーダ・メロンソーダ・コカコーラから選べます。

学生は二人揃っでメロンソーダを選択

6.完成です

完成!いただきます。

いかがでしたか?選ぶのはそんなに難しくないし、お勧めを聞いてみるのも楽しそうです。

日ごとにメニューが変わったり、ちょっと学生食堂では見かけない料理が出たりと、こだわりが伺える内容になっています。

いったいどのように提供されているのでしょうか?

シェフ山本さん

シェフの山本さん

山本さんは、調理師の上級資格の「専門調理師」と食育の知識がある事を示す「食育推進員」の資格をもっていらっしゃいます。

セレクトデリランチ仕掛け人のシェフ山本さんをご紹介します。質問をいくつかぶつけてみたところ大変気さくに答えていただけました。

山本さんへのインタビュー

これまでの経歴・経験を教えてください。

東京の銀座やフランスのパリやリヨンなどのフランス料理店で働いてきました。

中部大学にいらっしゃったきっかけを教えてください。

シェフ仲間の組合で政府の行う食育推進事業についての説明があり関心を持ちました。

私自身、息子が二人おり子供の成長と良質な食生活には深い係わりがあるものとして大切に して来ました。それで食育推進員の資格を取得し食育推進事業に参加してまいりました。

現職に就いたきっかけはこのような食育推進と言う理念を持って働ける場としてふさわしいと思いお世話になることになりました。

学生食堂を改革したいという話を聞き是非自分がそこで育ちざかりの学生の皆さんに美味しく、楽しく、体に良いものを提供して皆さんの学生生活に貢献したいという思いで働いています。

セレクトデリランチのメニューはどのように決まるのですか?

セレクトデリランチは、旬の食材を使って野菜がたくさん取れる健康によい料理を提供するのがコンセプト。 旬な食材は毎日同じものを仕入れられるとは限りませんが、その場の閃きで料理を仕上げます。 だからみんなのご意見を頂ければ何でも挑戦しちゃいます。

でも特殊な料理やコンセプトに合わないものは難しいかも。でも頑張ってそれに近いものは作りますよ。今度ご来店の時は「シェフ〇〇たべたいな~」って声をかけてくださいね。

セレクトデリランチで注目してほしいところはなんですか?

サラダのショーケースの中には変わったものも並んでいます。大抵それは本日のおすすめ品です。第三食堂でしか食べられないものや結構値の張るレストランで提供されている様なものもあるよ。「サラダおまかせしま~す」って言ってくれてもいいですよ。

メニューを決めるにあたって心がけている事や工夫しているところはなんですか?

野菜があまり好きではない方が多いみたいですね。だからソースには沢山の野菜を使うようにしています。あと色々な部分で野菜を忍ばせて知らず知らずのうちに野菜を摂ることが出来るようにしています。メインの肉なども加熱の加減などを考え美味しく仕上げています。

難しい所はありますか?

とにかく500円。この予算内でクオリティーの高いものを目指すのが難しいです。あと全て手作りなので「足りなくなったらレンジで温めてすぐ提供」という訳にはいかないので調理や食材の管理が難しいです。

中部大学や学生の印象はいかがでしょうか?

食事を提供すると「ありがとうございます」と爽やかに 気持ち良く言ってくれる学生の方が大勢おられうれしく思っています。その様な皆さんにどのようなものを提供すればまた「ありがとう」と言ってもらえるかなといつも考えています。

その他なんでもお聞かせください。

女性のお客様が少ないので是非ご利用いただきご意見をください。

厨房にミキサーが無いので「ミキサーを買ってあげて」と会社に伝えてください。

インタビューを終えて

セレクトデリランチは、専任のシェフがその日その日に合わせたメニューを考えて成り立っているのですね。季節に合わせたメニューも提供したいというようなことも伺っていますので、今後の展開も気になりますね。山本さんご協力ありがとうございました。

山本さんは、企画や調理だけでなく盛り付けもされています。カウンターにいらっしゃいますので、要望や感想をお伝えしてみてはいかがですか?ミキサーの件は学生の皆さんに実施される大学のアンケートに書いてくださると上の方に伝わるかもしれません。ご協力よろしくお願いします。

*皆さんのご協力でミキサーを導入していただけたそうです。ありがとうございました。(2015年7月6日追記)

学生の感想

最後に今回協力してくれた学生の感想です。

  • シェフの方がかっこよくて優しかったです!!ワンコインで満腹食べれてなおかつ美味しい!!
  • バイキングみたいで選ぶのが楽しかった。料理も本格的で学食のランチとは思えない。

山本さんのコンセプトがしっかり伝わっていると感じます。

人前での撮影で恥ずかしかったと思いますが、2人とも協力ありがとう!

是非おいでください。

こだわりを持って作られたセレクトデリランチ。ちょっとおしゃれですよね。また、定型メニューが決まっていないので、今日のメニューはなんだろう?と毎日がちょっと楽しくなりそう。そして食育に関する知識をもったシェフのお陰で健康にも良さそうです。是非お試しいただけたらと思います。

第3学生ホールには、この他にも麺類や丼物など様々なメニューを提供しております。

人文学部にお立ち寄りの際にはぜひご利用ください。

セレクトデリランチに加わる新たなメインディッシュやサラダは、Webページでも紹介させていただく予定です。

ページの先頭へ