• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2014年大会Q&A

【2014年6月10日】

倉庫に置いてあるソーラーパネルの向きは決まっているか?

Q1 倉庫に置いてあるソーラーパネルの向きは決まっていますでしょうか?
   ①パネルの向き
   ②パネルの赤・青の向き
ルールを見ると、Outer Spaceに向かって平行で、交差している黒線を中心に置かれていて、Outer Space側が赤色のようですが、この通りに置かれるのでしょうか?

A1 倉庫に置いてあるソーラパネルの向きは、公式ルールのように配置いたします。具体的には、ソーラーパネルはSpace StationとOuter Spaceを区切る壁に平行で、かつ、赤色の面がOuterSpaceに向くようにし、交差している黒線の中心に置かれます。

ソーラーパネルの上下方向の向きについて

Q2 ソーラーパネルの上下の方向について  

非活動のソーラーパネルを180度回転するのに上下を変える方向の回転を施して右側が赤、左側が青になるようにしてもよいのか。また、故障中のソーラーパネルと交換するソーラーパネルは、右側が赤、左側が青 であればよく、上下の方向はどちら向きでもかまわないのか。

A2 WRO JapanホームページのFAQに回答が出ないため。CU-Roboconではローカルルールで対応します。

本件に関しては、右側が赤、左側が青 であればよく、上下の方向はどちら向きで良いものとします。

倉庫にある良いソーラーパネルの個数について

Q3 倉庫にある良いソーラーパネルの個数について  

英文のルールの中の"Table Specification" の中に "Three intersections of the black lines in the Warehouse are the places where the good Solar Panels are set at the beginning of every attempt." とあるが、宇宙空間にある故障中のソーラーパネルの個数にかかわらず、倉庫の中の 良いソーラーパネルの個数は3個と解釈してよいのか。

A3 WRO JapanホームページのFAQに回答が出ないため。CU-Roboconではローカルルールで対応します。

倉庫の中の良いソーラーパネルの個数は3個とします。

コースに使用するカラーシートの重なり、厚みについて

Q4 コースに使用されるカラーシートは重なりがあるかないかについて  

今回のコースはラインが交差する箇所が多くあるが、ここで使用されるカラーシートは重ねて貼ってあるのか、一枚のみで貼ってあるのか。すなわち、シートの厚さは、ほぼ同じか、場所によって、厚くなっていることがあるのか。

A4 今回CU-Roboconで使用するコースは、中部大学独自の業者に依頼する物を使用します。現在、コースを発注しているところですが、カッティングシートは重ねずに1枚張りで製作するようにお願いしてあります。もし、コースが完成して状況が変わりましたらお知らせします。なお、決勝大会では別の業者がコースを作る関係でコートの状況がどうなるかわかりませんのでご注意ください。

コースの分割位置(つなぎ目の段差の位置)について

Q5 コースの分割位置について  

今回のコースも大きさから、2つのパーツを組み合わせる構造であると考えられるが、その場合、つなぎ目の段差はどの位置に存在するか。

A5 今回使用するコースの分割位置は、ゲートを下った黒線の部分で分割いたします。なお、決勝大会では別の業者がコースを作る関係で、コートの状況がどうなるかわかりませんのでご注意ください。

悪いソーラーパネルを倉庫・宇宙ステーションに置いた場合の得点について

Q6 悪いソーラーパネルを倉庫または宇宙ステーション内に置いた場合の得点について  

悪いパネルを倉庫の決められた位置に置いた場合は30点、宇宙ステーション内に置いた場合は10点で重複を認める説明があったが、英文のルールの中の"Scoring Example" の中の説明の表の中に "Bad Solar Panels Moved from the Outer Space" のところに"10 or 30 points, 90 points max " とあるが、得点の加算(重複)は正しいのか。

A6 英語ルールの得点配分を説明する表を見ると"Bad Solar Panels brought to the Space Station area (but not in the Warehouse area)"と"Bad Solar Panels brought to the Warehouse area (90 points max, depends on the draw)"が別々に表記されており、これらの得点を別々に考えないと合計が300点満点になりません。こうしたことから、今回の大会では、別々にカウントすることに致します(ローカル ルール。なお、決勝大会では、この考えが適用されない場合もありますのでご注意ください。

英文ルールについての内容

Q7 英文ルールについての内容

英文ルールの "Scoring" の中の "There are no other Solar Panels in the Outer Space area besides 9 activated Solar Panels =20 points" とあるが、"besides 9 activated Solar Panels" は "besides 9 good Solar Panels" でないと解釈が異なってしまうのではないか。説明会では「9つの色付きのソーラーパネルが・・・」と説明されたので、"good"で解釈されていると思います。ロシア語のルール説明のページ (http://wroboto.ru/rules/osnov2014/osnov2014_59.html)の中で対応する部分が、"кроме девяти Исправных панелей" となっている。英訳が間違っているのではないか。

A7 7月1日に公開されたWRO Japanのルールでは、「9枚の動作ソーラーパネルが指定の場所におかれている場合のみボーナスポイントが成立する」とありますが、未だその定義があいまいであるため、CU-Roboconでは「活動中か非活動中かは関係なく、9つのパネルが宇宙空間に存在している場合(グレーの領域に完全に入っていなくても良い)はボーナスポイントを認める」ことにいたします。

ゲートの斜面とコートの接地について

Q8 WRO2014の高校生部門のコートについて質問があります。

ゲートの斜面とコートとは滑らかに接しているのでしょうか?

A8 ゲートの斜面とコートの接触部分は傾斜面と水平面同士が交差する構造で特別な処理は施しません(白テープを貼るなど)。従いまして段差があるものとお考えください。また、Q5で回答していますが、宇宙空間側のゲートとコートの境界は2分割したコートの接続部分でもありますのでご注意ください。

倉庫に置いてあるソーラーパネルの向きについて

Q9 倉庫に置いてあるソーラーパネルの向きについて

CU-RoboconのサイトのFAQの中の「倉庫に置いてあるソーラーパネルの向きは決まっているか?」に対し、「公式ルールのように配置いたします。」、「赤色の面がOuterSpaceに向くよう・・・」と回答されています。英語のルールでも"The good Solar Panels are set in the Warehouse as so their red sides are in the Outer Space area direction."とあります。一方、WRO JAPANのサイトの「日本大会ルールについて」をみると、「宇宙ステーション倉庫内の交換用ソーラーパネルは、大気圏側が青色になるように黒ラインに沿っておかれているものとする。」と説明されている。この決勝大会のルールは CU-Roboconと同じ向きを意味するのか、逆の向きを意味するのどちらでしょうか。すなわち、倉庫に置いてあるソーラーパネルについてのルールは、CU-roboconとWRO Japanで同じか異なるかどちらでしょうか?

A9 WRO Japan決勝大会のルールを見ると確かに「大気圏側が青色になるように黒ラインに沿っておかれる」と表記してあります。この時、赤色の面はOuterSpaceを向いていることになるので、ロシアが公開している公式ルールと同じであると解釈します。なお、この解釈に誤りがあるといけないので念のため、大会本部に確認いたします。

基本セットに追加のセンサーを使用することが可能かどうか

Q10 基本セットに追加のセンサーを使用することが可能かどうか

レギュラーカテゴリー(ベーシック競技)競技ルールVer.1.0のロボット規程②には「基本セット(1式のみ)」とありますが、基本セットに追加のセンサーを使用することは、ルール上認められないと解釈でよいでしょうか。具体的なものとして、NXTにはカラーセンサーが付属されていませんが、競技に使用したら失格扱いでしょうか。EV3に2個目のカラーセンサーを使用した場合は、失格でしょうか。

A10 ベーシック部門で使用できるロボキットは「基本セット(1セット)」のみになっておりますので、ご指摘のようにNXTでカラーセンサーを使うと失格になります。また、EV3には1個カラーセンサーが入っておりますので、1個なら使用は認められますが、2個使用すれば失格になります。

「大気圏」の意味について

Q11 WRO Japanのサイトの「日本大会ルールについて【重要】」に使われている「大気圏」の意味について

「日本大会ルールについて【重要】」に使われている「大気圏」は競技フィールドのどこを意味するのか。

A11 お問い合わせの件についてWRO JapanのFAQに質問しますが、その回答を待つには日数が少ないので、CU-Roboconについては、A1で回答した向きで置くことに致します。(具体的には、ソーラーパネルはSpace StationとOuter Spaceを区切る壁に平行で、かつ、赤色の面がOuterSpaceに向くようにし、交差している黒線の中心に置かれます。)

 「日本大会ルールについて【重要】」に使われている「大気圏」は競技フィールド

 

のどこを意味するのか。
いる「大気圏」の意味について

※WRO Japanに問い合わせ中の質問事項については、解答があり次第更新いたします。

 

CU-Robocon のサイトの FAQの中の「倉庫に置いてあるソーラーパネルの向きは
決まっているか?」に対し、
 「公式ルールのように配置いたします。」「赤色の面がOuterSpaceに向くよ
う・・・」と回答されています。
英語のルールでも"The good Solar Panels are set in the Warehouse as so their
red sides are in the Outer Space area direction."とあります。
一方、WRO Japanのサイトの「日本大会ルールについて」をみると、
「宇宙ステーション倉庫内の交換用ソーラーパネルは、大気圏側が青色になるように
黒ラインに沿っておかれているものとする。」
と説明されている。
この決勝大会のルールは CU-Roboconと同じ向きを意味するのか、逆の向きを意味す
るのどちらでしょうか。
すなわち、倉庫に置いてあるソーラーパネルについてのルールは、CU-robocon と
WRO Japan で同じか異なるかどちらでしょうか
 
A9 WRO Japan決勝大会のルールを見ると確かに「大気圏側が青色になるように黒ライ
ンに沿っておかれる」と表記してあります。この時、赤色の面はOuterSpaceを向いて
いることになるので、ロシアが公開している公式ルールと同じであると解釈します。
なお、この解釈に誤りがあるといけないので念のため、大会本部に確認いたします。
Q9 「倉庫に置いてあるソーラーパネルの向きについて確認」
 
CU-Robocon のサイトの FAQの中の「倉庫に置いてあるソーラーパネルの向きは
決まっているか?」に対し、
 「公式ルールのように配置いたします。」「赤色の面がOuterSpaceに向くよ
う・・・」と回答されています。
英語のルールでも"The good Solar Panels are set in the Warehouse as so their
red sides are in the Outer Space area direction."とあります。
一方、WRO Japanのサイトの「日本大会ルールについて」をみると、
「宇宙ステーション倉庫内の交換用ソーラーパネルは、大気圏側が青色になるように
黒ラインに沿っておかれているものとする。」
と説明されている。
この決勝大会のルールは CU-Roboconと同じ向きを意味するのか、逆の向きを意味す
るのどちらでしょうか。
すなわち、倉庫に置いてあるソーラーパネルについてのルールは、CU-robocon と
WRO Japan で同じか異なるかどちらでしょうか
 
A9 WRO Japan決勝大会のルールを見ると確かに「大気圏側が青色になるように黒ライ
ンに沿っておかれる」と表記してあります。この時、赤色の面はOuterSpaceを向いて
いることになるので、ロシアが公開している公式ルールと同じであると解釈します。

 

なお、この解釈に誤りがあるといけないので念のため、大会本部に確認いたします。

ページの先頭へ