• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2012大会Q&A

【2013年11月13日】

ベースエリアについて

Q1:競技内容の中の競技のスタートに「ロボットのスタート位置は 競技フィールドのベースエリア(灰色)から行う。スタート時点では、 ロボットのすべてがベースエリアに収まっていること。」とありますが、 灰色のベースエリアのサイズは(競技コート図から計算すると)短辺 の長さが235mmと考えられます。ロボットの初期の大きさが 250mm×250mm×250mm以内という条件とあわせると灰色のベースエリア内が不可能の場合が考えられます。 黒ラインも含めると短辺の長さが255mmとなるので収めることが 可能であると思われます。 このことから、ベースエリアに収まっているという内容が黒ライン上 もよいのかどうか教えてください。 また、黒ライン上もよい場合、(ベースエリアから中央をみたときの) 左右の黒ライン上もよいのかどうか教えてください。

A1:ベースエリアは黒のラインを含みます。また、横のラインにつ いても同様にベースエリアになります。 なお、今回中部大学で用意したコースでは、ベースエリアは250mm ×600mmになりますのでご注意ください。

組立・試走時間について

Q2:組み立て時間および試走時間(組み立て調整時間)は何分で しょうか?

A2:WRO-Japan決勝大会では、大会当日に組み立てを行う必要が ありますが、CU-Roboconでは出場チームが多く競技時間を確保す るため、あらかじめ組み立てたロボットを使って競技に参加しても らっています。また、試走時間は受け付け開始の10時00分から、車検 終了までのおよそ2時間を予定しています。

ポールの止め方について

Q3:ロボコンの4つのポールの止め方はどのようにされているので しょうか? 両面テープ OR 接着剤 OR その他 取り外しが できるような止め方なのでしょうか? それとも強く当たってもずれ ないように止めてあるのでしょうか?

A3:競技会では、ポールはビスを使って固定します。従いまして強 く当たっても倒れないようにしてあります。なお、試走会では、取り 外しができるように両面テープで固定する予定です。

使用部品について

Q4:RCX変換ケーブルセットを使用してもよいでしょうか?

A4:試走会にて一部の参加チームの方に使用禁止とお伝えしました該当ケーブルは、NXT標準キットの中に部品として入っておりましたので、使用を認めたいと思います。 使用禁止とお伝えした方にはご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

 

照明について

Q5:昨年ですが、朝の試走の時と大会が始まってからでは、コースの設置場所を移動されたように記憶しています。 また、照明も大会がはじまってから演出の関係からか照度が変わったような記憶があります。 今年も上記のことは昨年と同じような流れでしょうか?

A5:昨年までは小学生部門の大会と 場所が同じであったために、小学生部門終了後位置の変更があり、 照明からの距離のずれ等も発生したと思われます。 今回からは高校生のみの会場となりますのでコースの位置変更はありませんので同様のトラブルはないかと思います。

ページの先頭へ