• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

活躍する学生たち

研究活動のほかクラブ・サークル活動でも活躍する学生をピックアップします。
後輩の活躍を応援してください。

小嶋玲央さん(2年)・宮部俊輔さん(1年)
(応用生物学部 食品栄養科学科)

内藤優伍さん

(Monthly Chubu 2017年11月号掲載)

「審査結果が発表されて自分たちの名前が呼ばれた時、『まさか・・・』という思いでした。他の出場チームの料理がどれも手の込んだすごいものだったので、あまり期待はしていなかっただけに、信じられずとても驚きましたが、評価していただけてとてもうれしかった・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

近藤史隆さん(工学部 ロボット理工学科2年)

内藤優伍さん

(Monthly Chubu 2017年10月号掲載)

「6歳の頃にドラマ『ウォーターボーイズ』を見て、いつか自分もあんな風に演技してみたいと思ったのが始まりです。でもシンクロができる機会などそう簡単にはなく、あこがれを抱いたまま競泳選手として過ごしてきました。そんなある日、大学の水泳部で高校時代にシンクロ・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

纐纈甲太朗さん(国際関係学部 国際関係学科4年)

内藤優伍さん

(Monthly Chubu 2017年9月号掲載)

「全国大会への出場を経験して感じたことは、全国に出場する選手の能力はやはりとても高かったということです。2回戦で対戦した国際武道大学の選手は、投手であれば球の速さ、打者であれば選球眼など、技術が高く、正直個々の能力では負けていた部分もあった・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

中嶋宏樹さん(現代教育学部 現代教育学科3年)

内藤優伍さん

(Monthly Chubu 2017年7・8月号掲載)

「「なるほど!子どもアカデミー」の昨年度リーダー。入学時に先輩からこの活動の紹介がありました。将来教員になりたいと思っていたので、在学中から子どもたちと実際に触れ合い、指導の機会が得られるのはとても魅力的だと思いました。また、自分たちで企画を考え・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

山本泰千さん(応用生物学部 応用生物化学科4年)

山本泰千さん

(Monthly Chubu 2017年6月号掲載)

「地域活性化リーダーとして認定を受け、うれしい気持ちでいっぱいです。この資格を得ようと2年生から取り組み、取得に2年を要しました。その間、授業とは別に指定の課外活動に参加するなど、さまざまな経験を積んできました。資格を取得して達成感を感じる・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

飯野暁子さん(生命健康科学部 スポーツ保健医療学科2年)

飯野暁子さん

(Monthly Chubu 2017年5月号掲載)

日本記録を更新して優勝できたことをうれしく思います。競技を始めてまだ1年くらいで課題も多く、結果に満足しきっているわけではありませんが、素直に喜びたいと思います。パワーリフティングを通じて素晴らしい先生に出会い、ご指導いただけたことも大変うれしく・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

川原由雨さん(工学部 電子情報工学科4年)

川原由雨さん

(Monthly Chubu 2017年4月号掲載)

「1年生のうちは中部大学の学生寮にいたのですが、1年間で退寮しなければならないため、新しい住まいを探していたところ、大学の職員の方から『地域連携住居』の話を聞いて、関心を持ちました。最初は家賃が安いことや、部屋の広さが気に入って入居を決めた・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

加藤一希さん(経営情報学部 経営学科4年)

加藤一希さん

(Monthly Chubu 2017年3月号掲載)

「第67回全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会で優勝することができて、とてもうれしく思います。1年生の時にもこの大会に出場したのですが、その時は準決勝で惜敗してしまい、先輩たちの悔しい顔が忘れられずにいたので、今大会では先輩たちの無念を晴らす・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

石河貴大さん(大学院 応用生物学研究科 応用生物学専攻 博士前期課程2年)

石河貴大さん

(Monthly Chubu 2017年2月号掲載)

「大学院では、無機栄養因子によるHDL代謝制御に関する研究に取り組んでいます。大学4年間、管理栄養士の取得を目指して“食と健康”について学んできましたが、その中で食と病気との関わりやそのメカニズムに興味を持つようになりました。そこで生活習慣病の一つ・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

和田智恵さん(工学部 都市建設工学科4年)

和田智恵さん

(Monthly Chubu 2017年1月号掲載)

「入学式の日に学科の先生から『今年の1年生で女子は和田さん1人だよ』と聞いて、驚いたのを今でも覚えています。もともと女子の少ない世界なので覚悟していたのですが、それでも数人はいるだろうと思っていました。女子が1人ということで不安もありましたが・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

竹下 徹さん(人文学部 歴史地理学科3年)

竹下 徹さん

(Monthly Chubu 2016年12月号掲載)

「第64回全日本学生弓道選手権大会男子個人戦で8位入賞を果たした竹下徹さん。全国からおよそ500人が参加したこの大会で見事上位10人に入る活躍を見せました。本大会のルールは、矢を1本でも外したらそこで敗退という後のないもの。矢を外した者がどんどん・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

内藤優伍さん(経営情報学部 経営学科3年)

内藤優伍さん

(Monthly Chubu 2016年11月号掲載)

「8月に行われた「アジアサマースクール in Bangkok 2016―GISとアジアの持続的開発に関わる諸問題をバンコクで学ぼう―」に参加。PASEO(英語教育プログラム)の先輩に、アジアサマースクール in Bangkokに参加したことのある方がいて、その方から薦められた・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

高木克彰さん(工学部 情報工学科3年)

荒木諒介さん

(Monthly Chubu 2016年10月号掲載)

「てっけんサミットは、全国の大学生による鉄道研究団体の交流イベントで、鉄道を通した交流を行うことで、新たなつながりを築き、親睦を深めるとともに、鉄道への理解を深め、一般の方にも公共交通の意義を知ってもらうことを目的に開催されています。2009年に第1回・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

荒木諒介さん(工学部 情報工学科4年)

荒木諒介さん

(Monthly Chubu 2016年9月号掲載)

「かつては趣味の王様とも言われたアマチュア無線。インターネットの普及などもあって以前に比べ愛好家の数は減ったものの、日本アマチュア無線連盟が子どもたちへの工作教室を開催するなど、さまざまな広報活動を行い普及に努めています。また、過去の災害時・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

直井優奈さん(生命健康科学部 スポーツ保健医療学科3年)

直井優奈さん

(Monthly Chubu 2016年7・8月号掲載)

「春日井市消防団中部大学機能別分団の初代代表。学生による消防団が発足する話を学科の先生から聞いて、救急救命士を目指している今、地域の方のために活躍したいという思いと、この経験がきっと将来役に立ち、自信にもつながるだろうと思ったので応募・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

竹株陸人さん(経営情報学部 経営情報学科4年)

竹株陸人さん

(Monthly Chubu 2016年6月号掲載)

「春日井市に本社を置く大和エネルフ株式会社で約4カ月間、報酬型インターンシップ生として報酬(給与)を得ながら社会経験を積みました。もともと人との会話に苦手意識を持っていて、そんな自分を何とか克服したいと思ったのがきっかけです・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

腰高知己さん(経営情報学部 経営学科2年)

腰高知己さん

(Monthly Chubu 2016年5月号掲載)

「馬術の障害飛越競技選手。2020年東京オリンピックあいち選手強化事業強化指定選手。日本馬術連盟指定選手。愛知県の強化指定選手に選んでいただけて光栄です。愛知県には乗馬クラブがいくつかあって、幅広い世代の人が馬術をしていますが、今年は1人・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

水野 翠さん(応用生物学部 環境生物科学科3年)

水野 翠さん

(Monthly Chubu 2016年4月号掲載)

「第36回学生女流名人戦で準優勝した本学将棋部部長の水野翠さん。女子学生の日本一を決める同大会で、女流名人まであと一歩のところに迫る活躍をみせました。名人戦には、全国から強豪棋士18人が参加。水野さんは予選を3勝1敗で勝ち抜け、決勝トーナメントへ・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

鈴木久美さん(経営情報学部 経営会計学科3年)

鈴木久美さん

(Monthly Chubu 2016年3月号掲載)

「簿記関連の資格テストでは最難関で、税理士試験や公認会計士試験合格への登竜門とも言われる日商簿記検定1級。2015年6月に行われた第140回日商簿記検定試験の合格率はわずか8.8%(実受験者数8,108人、合格者716人)。今号のMonthly Chubuは・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

田中恵悟さん(生命健康科学部 スポーツ保健医療学科4年)

田中恵悟さん

(Monthly Chubu 2016年2月号掲載)

「岐阜県出身者の一人として大学と岐阜の企業が関わりを強化したことをうれしく思います。僕は郡上踊りで有名な郡上市出身で、4月からは地元の消防職員として働くことが決まっています。今は、救急救命士の資格を取得するために3月にある国家試験に向けて・・・」

続きを読む別サイトにリンクします

加藤有梨子さん(人文部 コミュニケーション学科4年)

加藤有梨子さん

(Monthly Chubu 2016年1月号掲載)

『ギュッとCITY高蔵寺』は、春日井市高蔵寺駅周辺の街の魅力を紹介した冊子とホームページ。高蔵寺の街をもっと盛り上げようと、名古屋市内にある広告会社が企画して本学に協力を依頼、コミュニケーション学科の柳谷啓子先生と小川順子先生からの呼び掛けに・・・

続きを読む別サイトにリンクします

野口滉平さん(工学部 情報工学科3年)

岡元竜生さん

(Monthly Chubu 2015年12月号掲載)

中部工業大学創立時の1964年に誕生した歴史と伝統のあるマンドリンクラブ。昨年クラブ創立50周年を迎え、今年12月に記念すべき50回目の定期演奏会を開催します。今号のMonthly Chubu では、50回という節目を迎え、新たな歴史を刻むマンドリンクラブを代表して・・・

続きを読む別サイトにリンクします

岡元竜生さん(現代教育学部 児童教育学科4年)

岡元竜生さん

(Monthly Chubu 2015年11月号掲載)

“学生のオリンピック” とも言われるユニバーシアード競技大会。国際大学スポーツ連盟(FISU)が主催する学生を対象にした国際総合競技大会で、2年に1度開催されています。その第28回が今年7月に韓国で開催され、ハンドボール競技に本学のハンドボール部主将・・・

続きを読む別サイトにリンクします

木宮恵理さん(現代教育学部 児童教育学科3年)

木宮恵理さん

(Monthly Chubu 2015年10月号掲載)

朝のキャンパスを駆け抜けていく女子学生。夏の暑い日も、冬の寒い日も、雨の日でも、毎朝決まっていつものコースをランニング。いつしかキャンパス内で「あの女子学生はどこの誰?」「今日も見掛けたよ」などと、話題になるように。今号のMonthly Chubuでは・・・

続きを読む別サイトにリンクします

三輪晃久さん(国際関係学部 国際文化学科4年)

三輪晃久さん

(Monthly Chubu 2015年9月号掲載)

Hoshino Dreams Project(以下HDP)は、元プロ野球選手で、監督も務めた星野仙一氏が立ち上げた本気の若者を応援するプロジェクト。HDPが掲げるプログラム(※)への参加を通して、あらゆるスポーツを行っている若者の可能性を伸ばし、その能力を広く社会に・・・

続きを読む別サイトにリンクします

平尾高志さん(国際関係学部 中国語中国関係学科4年)

平尾高志さん

(Monthly Chubu 2015年7・8月号掲載)

2015年4月に開館した不言実行館ACTIVE PLAZA。その館内に、学生みんなの学びの場、「コモンズセンター」が誕生しました。コモンズセンターには、中部大生で構成されるコモンズサポーターが2、3階の受付カウンターに常駐し、学生の学生による学生のための・・・

続きを読む別サイトにリンクします

山下 凌さん(応用生物学部 食品栄養科学科2年)

山下 凌さん

(Monthly Chubu 2015年6月号掲載)

マックスバリュ中部株式会社(以下、マックスバリュ中部)と中部大が共同開発した「春のおでかけ弁当」が、4月18日から期間限定で販売されました。マックスバリュ中部では、健康で生き生きとした生活が送れるよう、バランスの良い食事を摂ること、ちゃんとごはんを食べる・・・

続きを読む別サイトにリンクします

近藤辰哉さん(応用生物学部 応用生物化学科4年)

近藤辰哉さん

(Monthly Chubu 2015年5月号掲載)

2月25~27日によませ温泉スキー場(長野県下高井郡)で行われた第36回東海学生基礎スキー選手権大会で、基礎スキー部が男子王座決定戦で総合優勝、7連覇を達成しました。男子団体戦では、中部大から3チームが出場し、連盟史上初の1位~3位を独占。男子・・・

続きを読む別サイトにリンクします

今井祐樹さん(大学院 工学研究科建設工学専攻 博士前期課程2年)

今井祐樹さん

(Monthly Chubu 2015年4月号掲載)

昨年3月に行われた第10回都市住宅学会学生論文コンテストで見事最優秀賞に輝いた今井さん。コンテストは、都市住宅学会の関西、中部、中国・四国の3支部合同で開催され、都市や住宅に関わるテーマで研究した卒業(修士)論文を、卒業論文部門・修士論文部門・・・

続きを読む別サイトにリンクします

三木俊太郎さん(大学院 工学研究科情報工学専攻 博士前期課程1年)

三木俊太郎さん

(Monthly Chubu 2015年3月号掲載)

電子情報通信分野の学問を振興する電子情報通信学会。その下部組織であるヒューマンコミュニケーショングループが募集した研究で、三木さんが中心メンバーとなり投稿した論文が最近1年間に発表された105件の論文の中で最も優秀だとして・・・

続きを読む別サイトにリンクします

中島崇宏さん(工学部 電気システム工学科4年)

中島崇宏さん

(Monthly Chubu 2015年2月号掲載)

電気自動車(EV)レースの全国大会「ジャパンEVフェスティバル」での入賞を目指し、電気システム工学科の学生4人が電気自動車の製作に奮闘しています。この取り組みは、新しい物事にチャレンジする意欲を持った学生を支援し育てていくために行われているチャレンジ・サイトの一つです・・・

続きを読む別サイトにリンクします

神鳥猛流さん(国際関係学部 国際文化学科3年)

神鳥猛流さん

(Monthly Chubu 2015年1月号掲載)

今年の愛知大学野球秋季リーグ戦で、見事13季ぶり2度目の優勝に輝いた硬式野球部。チームの優勝に大きく貢献し、最優秀選手賞とベストナインの2冠を手にした神鳥猛流選手。神鳥選手は全12試合で4番に座り、48打数20安打の打率4割1分7厘で・・・

続きを読む別サイトにリンクします

藤枝裕子さん(工学研究科 建設工学専攻 博士前期課程2年)

藤枝裕子さん

(Monthly Chubu 2014年12月号掲載)

中部大では、キャンパス整備委員会の方針に基づき、学内の施設整備を順次進めています。今回、竣工から25年経った25号館の女子トイレをリニューアルしようと、今の学生のライフスタイルに合ったトイレのあり方を建築学科に在籍中の女子学生、女子大学院生から募集。11人から応募があり・・・

続きを読む別サイトにリンクします

伊藤達也さん(現代教育学部 幼児教育学科 2年)

伊藤達也さん

(Monthly Chubu 2014年11月号掲載)

中部大学子育てすくすく育て隊(通称:すくすく隊)は、地域の子育て活動を支援するボランティア団体です。学生の主体的活動を通して大学の人材・知・物を「次世代育成支援」という分野に生かし、地域貢献活動をしていこうというもの・・・

続きを読む別サイトにリンクします

池田智志さん(人文学部 英語英米文化学科 2年)

池田智志さん

(Monthly Chubu 2014年10月号掲載)

中部大が学生に提示している留学プログラムの中でも、特に人気の高いアメリカ・オハイオ大学長期海外研修に参加した約20人の学生の中から、リーダーを務めた池田さんにお話を聞き・・・

続きを読む別サイトにリンクします

大柿和也さん(経営情報学部 経営学科 3年)

大柿和也さん

(Monthly Chubu 2014年9月号掲載)

放送研究会は、このスタジオを活動拠点とし、番組制作の企画から取材、撮影、出演にいたるまでのすべてを学生の手で行っています。制作した番組はインターネットを通じて全世界へ発信・・・

続きを読む別サイトにリンクします

杉山裕哉さん(生命健康科学部 生命医科学科 3年)

杉山裕哉さん

(Monthly Chubu 2014年7・8月号掲載)

東海学生弓道選手権大会は、東海学生弓道連盟に所属している愛知・岐阜・三重・静岡の4県の学生弓道の戦いで、2014年5月24・25日に愛知県体育館で行われた第57回大会 近的競技(※)には、約30チームが出場。中部大からは男子2チーム、女子2チームが・・・

続きを読む別サイトにリンクします

後藤 栞さん(国際関係学部 国際文化学科 3年)

後藤 栞さん

(Monthly Chubu 2014年6月号掲載)

世界60カ国以上で実施され、大韓民国政府が認定・実施する唯一の韓国語試験である韓国語能力試験。後藤さんはこの試験で超難関と言われる6級に見事一発で合格するという快挙を成し遂げました。

続きを読む別サイトにリンクします

喜多生馬さん(工学部 電気システム工学科 4年)

喜多生馬さん

(Monthly Chubu 2014年5月号掲載)

2013年4月から2014年2月までの311日間で世界24カ国を旅してきた喜多さん。リュック1つに最低限の荷物を詰め、最初の訪問国だけを決めて出発したプランの無い旅。世界一周を終えた今、人間として大きく成長して帰ってきた喜多さんにインタビューしました。

続きを読む別サイトにリンクします

坂本知里さん(応用生物学部 食品栄養科学科 4年)

坂本知里さん

(Monthly Chubu 2014年4月号掲載)

「初年次ピアサポーターになったのは、自分が新入生の時に、恵那研修アシスタントをしていた先輩にあこがれて私もその先輩のようになりたいと思ったのがきっかけです」。・・・今年で3回目の恵那研修をピアサポーターとして迎える坂本さん。「恵那研修で知り合った後輩から学内や通学バスの中で声を掛けてもらえるとうれしいです」と活動を通しての喜びを話します。

続きを読む別サイトにリンクします

ページの先頭へ