• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

平成22年度国際関係学科卒業 名富 朗さん

【2011年9月6日】

6歳の頃の自分みたいに、子どもに夢を与えられるラガーマンに。

トップリーグ所属の福岡サニックスブルースに入団。福岡での寮生活も始まる。

念願だったラグビー選手としての一歩を踏み出し、約3カ月が経ちました。現在は午前と午後に練習、それ以外の時間はトレーニングや体のメンテナンスなどに あてる生活です。サニックスはとにかく“走る”チーム。全員が一試合を走り通すために練習でも徹底して走り込みます。その厳しさに毎回ヘトヘトになります が、この数カ月で随分と体も締まり確かな変化を感じています。またトップリーグチームだけに、技術はもちろん、オンオフの切り替えの早さ、体に対する自己管理など、先輩に学ぶことも多いです。今はとにかく学生時代と違い、授業や単位の心配もなく(笑)、ラグビーに集中できる環境がうれしいです。

6歳のときに幼なじみとラグビースクールに通い始めてから、ずっとラグビー選手になることが夢でした。中学時代に現・中部大学ラグビー部のアファコーチと出会い、迷うことなくニュージーランドの高校へ、その後中部大学へ進学を決めるなど、まっすぐにラグビーの道を進んできました。大学時代は、A1リーグへの昇格をはじめ、顎の骨折、4年ではキャプテンを任され、多くのことを経験できました。今の目標は、まず試合に出ること。そして6歳の自分がもらったように、子どもに夢を与えられる選手になりたい。そのために今は目の前のことをやり続けるだけ。そうすればきっといろんな結果がついてくる、そう信じています。

ラグビー選手 福岡サニックスブルース 名富 朗さん 平成22年度 国際関係学科卒業 ポジションはバックス。得意なプレーはステップやキック。

ページの先頭へ