• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

理事長メッセージ

卒業生の皆様に向けて、理事長からのメッセージです。

飯吉理事長

学校法人中部大学 理事長
中部大学 総長
飯吉 厚夫

創立50周年を成功裏に迎えるために

中部大学の卒業生の皆さん、こんにちは。私はこの度、大西良三理事長の後任として新理事長に就任いたしました。よろしくお願いいたします。

中部大学は、1964年に中部工業大学としてスタートしてから、今年で47年目を迎え、来る2014年には50周年を迎えます。

創立者三浦幸平先生は、「大学が一人前になるためには50年はかかる」と言われていました。工業大学として開学した当初は、機械工学科、電気工学科、土木工学科、建築学科の1学部4学科であった本学も現在は工学、経営情報、国際関係、人文、応用生物、生命健康、現代教育の7学部29学科の堂々たる総合大学として成長してきました。在学生数は1万人を超え、約6万人を数える卒業生は、社会の多くの場で“あてになる人間”として活躍しています。

中部大学としては、50周年までの3年間を、更に各学部を質的に充実する期間と捉え、教育、研究の質を一段と高め、世のため、人のために先頭に立って活躍する人材の育成に力を入れる所存です。

そのために、学生、教職員が日々精進、努力することは勿論のことですが、加えて母校を愛し、心に掛けていただける卒業生の皆様方の御理解、御支援が引き続き必要です。創立50周年を成功裏に迎えるために、皆様の御理解、御協力をお願いいたします。

ページの先頭へ