大学院 工学研究科 機械工学専攻

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学修教育目標

博士前期課程

1. 専門領域の基礎知識の確立と応用

機械工学の基礎となる自然科学を理解し、地球環境を保全しつつ、人間に有用な機械並びにシステムを設計し得る能力を養う。

2. エネルギーに関する深い洞察力

持続可能な社会の実現を目指し、エネルギーの発生・貯蔵・利用・制御について自主的に課題の設定、問題の解決を行なえる能力を養う。

3. 国際化への対応能力

世界に誇る中部のものづくり技術の習得、開発を通じて、国際化・グローバル化に対応できるコミュニケーション能力を養う。

4. 先進技術の修得

電子・光学・医療などの高度産業分野で使用できる素子の設計・製作・計測・機能評価を通じて人類の健康・福祉に貢献できる実践力を養う。

博士後期課程

1. 高度な専門性の確立

機械工学並びに関連分野の基礎から最先端技術に渡る専門知識を修得した上で、独自の新しい分野を開拓できる能力を養う。

2. 即戦力となり得る実践的な技術能力

持続可能な社会の実現を目指し、エネルギーの発生・貯蔵・利用・制御について自主的に課題の設定、問題の解決を行なえる能力を養う。

3. 課題設定能力と分析能力

筆頭著者として学術論文の執筆を行う過程で、自主的に課題設定を行い、課題の周辺技術を含めた分析を行い、文章で技術者・研究者を説得する能力を養う。

4. 指導力の涵養

学部生並びに博士前期課程の学生への教育指導を通じて指導力を高めると共に、国際会議の発表を通じて、ものづくりの国際化に対応したコミュニケーション能力を養う。

ページの先頭へ