大学院国際人間学研究科 言語文化専攻

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

専攻概要

関連領域を統合しながら、言語と文化のプロフェッショナルを養成。

言語文化専攻(博士前期課程・後期課程)

メディア特性に通じる能力の修得をめざすジャーナリズムコース、英語に対する理解を深める英語圏言語文化コース、日本語をはじめ日本文学や日本文化の専門性を高める日本語日本文化コースの3領域を主な分野としています。 言語と文化を基礎とする学際的な教育研究を通じて、社会に貢献することを目的としています。 言語と文化に関する高度専門職業人、教育研究者を育成します。

言語文化専攻 基本データ

開設 2004(平成16)年
在学生数 博士前期課程 1年 4人 (2人)
2年 3人 (1人)
小計 7人 (3人)
博士後期課程 1年 0人 (0人)
2年 1人 (0人)
3年 2人 (1人)
小計 3人 (1人)
合計 10人 (4人)
専任教員数
教授 21人 (12人)
准教授 3人 (1人)
講師 3人 (0人)
助教 1人 (0人)
合計 28人 (13人)
  • 在学生数
    2021年5月1日現在
    カッコ内は女子内数
  • 専任教員数
    2021年5月1日現在

言語文化専攻の情報

3つのポリシー〔ディプロマ・ポリシー(DP)、カリキュラム・ポリシー(CP)、アドミッション・ポリシー(AP)〕、カリキュラム・マップ、授業科目 など

ページの先頭へ