大学院国際人間学研究科 歴史学・地理学専攻

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

専攻概要

社会文化の諸問題を時間・空間の両軸から考察する新専攻

歴史学・地理学専攻(博士前期課程・後期課程)

歴史学と地理学を教育研究上の学問的両輪として位置づけ、時間意識と空間意識を統合した知的基盤のもとで、深い学識と教養を修得することをめざします。グローバリゼーションとローカリゼーションが同時に進行する現代社会において、歴史事象の動的進展を的確に把握し行動できる人材、国際的な空間スケールを意識しながらローカルな事情にも精通した高度専門職業人を育成します。

歴史学・地理学専攻 基本データ

開設 2008(平成20)年
在学生数 博士前期課程 1年 4人 (1人)
2年 1人 (1人)
小計 5人 (2人)
博士後期課程 1年 0人 (0人)
2年 0人 (0人)
3年 2人 (0人)
小計 2人 (0人)
合計 7人 (2人)
  • 在学生数
    2019年5月1日現在
    カッコ内は女子内数

ページの先頭へ