大学院工学研究科

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

工学研究科長メッセージ

地球環境時代の諸課題を解決できる高度な科学技術を探究

産・官・学にまたがる幅広い知的・人的ネットワーク

中部大学は1964年(昭和39年)に中部工業大学として開学しました。1971年(昭和46年)に、東海地方における私立大学で最初に大学院工学研究科修士課程を設置し、次いで1973年(昭和48年)に博士課程を設置して、修士の学位、博士の学位を取得できる体制を整備して、これまで、多数の優秀な大学院生を教育してきました。修了生は産業界、学界および官界で幅広く活躍して、社会的に高く評価されてい ます。この工学研究科の優れた知的・人的ネットワークが、年毎に着実に日本社会や世界的にも拡がり発 展を続けています。

未来指向型の技術開発ができる高度なフロンティア技術者を目指しましょう

工学研究科では、 先端的かつ実践的な研究が各専攻で精力的に行われています。 これらの研究成果が直接工学研究科の教育研究に活かされますので、 “考えることの楽しさ”や“時代を切り拓く喜び”を実感できる魅力あるカリキュラムが整備されています。 特に、  先端的技術を系統立って修得できる科目の整備、 また、 国際的なコミュニケーション能力としての英語力の向上を目指す仕組み、  自律的な学修研究活動を支援する「ものづくり工房」等の施設設備や指導体制、  各種の経済的支援制度が整備されています。

さらに、 本研究科には、 経営感覚のあるエンジニアを目指すプログラム(ジョイント・ディグリー・プログラム)があります。 博士前期課程修学中に経営情報学研究科経営学専攻所定の約20単位を取得し、 工学研究科修了後に1年間、 経営学専攻で所定の単位を修得すれば、 3年間で工学修士(ME)と経営学修士(MBA)のダブルマスターを取得できます。 経営学専攻では、 主な講義を名古屋キャンパスで夜間に開講しているので、 工学研究科修了後は働きながら大学院へ通うことも可能です。

人類が直面している数々の問題を解決し、 自然との調和のとれた心豊かな社会を築くために、 大学院工学研究科でともに学び、 幅広い視野を持つ高度なフロンティア技術者を目指して大いに研鑽を積もうではありませんか。

 

工学研究科では, 先端的かつ実践的な研究が各専攻で精力的に行われています。 これらの研究成果が直接工学研究科の教育研究に活かされますので, “考えることの楽しさ”や“時代を切り拓く喜び”を実感できる魅力あるカリキュラムが整備されています。 特に,  先端的技術を系統立って修得できる科目の整備, また, 国際的なコミュニケーション能力としての英語力の向上を目指す仕組み,  自律的な学修研究活動を支援する「ものづくり工房」等の施設設備や指導体制,  各種の経済的支援制度が整備されています。
 さらに, 本研究科には, 経営感覚のあるエンジニアを目指すプログラム(ジョイント・ディグリー・プログラム)があります。 博士前期課程修学中に経営情報学研究科経営学専攻所定の約20単位を取得し, 工学研究科修了後に1年間, 経営学専攻で所定の単位を修得すれば, 3年間で工学修士(ME)と経営学修士(MBA)のダブルマスターを取得できます。 経営学専攻では, 主な講義を名古屋キャンパスで夜間に開講しているので, 工学研究科修了後は働きながら大学院へ通うことも可能です。
 人類が直面している数々の問題を解決し, 自然との調和のとれた心豊かな社会を築くために, 大学院工学研究科でともに学び, 幅広い視野を持つ高度なフロンティア技術者を目指して大いに研鑽を積もうではありませんか

工学研究科長
松尾 直規
Naoki MATSUO

ページの先頭へ