大学院工学研究科

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

工学研究科・工学部交流会

大学院工学研究科・工学部では2011年度より、研究科の活性化のために、各専攻間の交流、並びに、将来大学院を目指す学部生との交流を深めるとともに、参加学生に対して、コミュニケーション力、発言力、ピア・ レビュー力の更なる育成を図ることを目的として、下記のとおり交流会を開催しています。

日程

【2018年度】
第1回:   7月4日(水曜日)   15時30分~17時00分
第2回: 11月14日(水曜日)  15時45分~17時00分

場所   51号館学生ホール(51号館1階)

 

対象

工学研究科院生全員、大学院に関心のある学部生、教員
※他研究科の大学院生、教員の参加も歓迎します。

交流会概要

工学部各学科では、「創成型科目群」を柱とする教育体系が形成されています。本交流会では、学科教育で培われてきた自己評価力を ピア・レビュー力に転換していくことを考え、参加者を(1)プレゼンター、(2)コメンテーターの2グループに分け、それぞれに以下の活動目標が与えられます。

プレゼンター

プレゼンターは、話題提供のため博士課程後期学生および博士課程前期1・2 年次生の中から、各回25名程度のプレゼンター役をつとめてもらいます。プレゼンター役の学生は、他専攻の教員や学生に自分の研究課題について現状と最終ゴールまでの道筋を説明してもらいます。
研究は常に挫折との戦いでもあるのですから、完成された研究を発表するのではなく、どのようにして道を切り開いていこうとするのかに重点を置いて説明してください。なお、詳細については、以下を参照ください。

コメンテーター

コメンテーターは、3 つ以上の発表(少なくとも1つは他専攻の発表)について、意見をコメントシートに記入し提出してください。
 

アブストラクト

各プレゼンターのアブストラクトは以下より参照できます。(在学生、教員のみ:認証あり)

当日の様子

   

 

   

 

ページの先頭へ