大学院 工学研究科 電気電子工学専攻

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

講座・研究室紹介

電力工学講座

ポリマー碍子や半導体の釉薬を有する全面導電釉碍子の各種気象環境条件下における絶縁特性や長期性能の研究。熱電半導体を用いて低温への熱侵入を低減する研究。超電導ケーブルシステムの高性能化のための研究。半導体材料の加工法についての研究。高周波プラズマの基礎放電現象と応用に関する研究。各種誘雷技術を用いた雷観測技術の開発、雷現象の研究。

 

電力工学講座

電力工学講座

電気機械講座

主として電気エネルギーの発生、変換および制御の原動力である回転電気機械(回転機)およびパワーエレクトロニクスに関連する研究を行っている。特に、各種回転機の特性解析およびインバータの各種制御方式、大容量化などについては、多くの研究実績をあげており、高い評価を得ている。また、電力系統の高調波問題に関する研究も重要なテーマにしている。

 

電気機械講座

電子工学講座

レーザやコンピュータなどの先端技術を応用した電子機器、強誘電体や超伝導体を中心とした新物質、光通信用デバイスなどの開発および応用研究を行っている。具体的にはレーザを利用した元素分析装置や光ピンセットの開発、超高速光通信および医療応用を目的とした集積回路の設計・評価,誘電率等の測定による相転移探索およびX線による結晶構造決定、プラズマおよび種々の媒質中における電磁波の伝搬、散乱などの研究がある。講義にはマイクロビーム工学、集積回路工学、相転移と結晶構造解析などがある。

 
電子工学講座
電子工学講座

電子応用講座

アナログ信号処理に属する高周波の伝送回路の研究で、具体的にはフィルタ、変成器等の開発設計を行う。また、コンピュータを用いた信号解析やVLF 帯電磁波の伝搬特性を研究している。ワイヤレス通信の基礎となるアンテナと電波伝搬,有限要素法と数値解析、荷電ビームに関して真空ナノエレクトロニクスにおける微小電子源の応用や低エネルギーイオンビームの輸送現象に関する研究を行っている。

 

電子応用講座

情報工学講座

情報処理システムとその関連技術に関する研究を行っている。具体的な内容としては、適応信号処理、画像処理、ロボット、音響信号処理、適応ノイズキャンセラ、逆システムの推定などである。

 

情報工学講座

情報工学講座

情報工学講座

電子物性学講座

電気・電子システムの高性能化、高機能化にとって、新しい電気電子材料とそのデバイスの研究開発は重要である。研究テーマは、II-VI族半導体、希薄磁性半導体、 酸化物系材料、熱電材料およびプラズマの生成・診断、プラスチック・フレキシブル電子デバイスなどプラズマプロセスの産業応用、太陽光発電, および酸化物系半導体材料のセンサーなどへの応用である。

 

電子物性学講座

電子物性学講座

電子デバイス講座

III-V族化合物半導体量子井戸構造、ダイヤモンドライクカーボン、可視光光触媒などの薄膜の物性の制御と産業応用、ナノテクを活用した薄膜作製技術による新機能光電子デバイスの作製と評価、Si上へのヘテロ素子、光集積回路、環境にやさしい太陽電池,光制御素子、集積回路製造技術、III族窒化物半導体や酸化物半導体のバンドギャップ電子物性計測とデバイス物理などの研究を行っている。

 

電子デバイス講座

電子デバイス講座

ページの先頭へ