大学院 工学研究科 情報工学専攻

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学修教育目標

博士前期課程

1. 専門領域の高度な学識・技術の修得

情報工学分野の情報通信、メディア情報、知能情報および計算工学の特定専門領域において、柔軟な思考力と創造力を養いながら、情報工学に関する高度な学識と技術を修得する。

2. 高度な問題解決能力の修得

現代社会や産業界が抱えるさまざまな技術課題を、高度な情報技術を活用して、情報分野の中核技術者として解決するため、対象を観察分析し、英語力やコミュニケーション能力を活かして問題を定式化し解決できる高度な問題解決能力を修得する。

3. 有用な情報技術を創出する能力の修得

情報工学分野の新しい学術的・技術的成果、特に、社会や産業に貢献できる有用な原理・方式・基盤技術・要素技術を創出する能力を修得する。

4. 高度な学識・技術を継承する能力の修得

博士後期課程における最高度の研究への発展に繋げるように、その前段階として、深く高度な学識・技術を継承する能力を修得する。

博士後期課程

1. 専門領域の最高度の学識・技術の修得

情報工学分野の情報通信、メディア情報、知能情報および計算工学の特定専門領域において、最高レベルの技術者・研究者を目指して、情報工学に関する最高度の学識・技術を修得する。

2. 最高度の問題解決能力の修得

現代社会や産業界が抱えるさまざまな技術課題を、最高度の情報技術を活用して、情報分野のリーダーとして解決するため、世界に通用する最高度の問題解決能力を修得する。

3. 有用な情報技術を創出する能力の修得

情報工学分野の新しい学術的・技術的成果、特に、新しい価値を持ち、社会や産業に国際レベルで貢献できる原理・方式・基盤技術・要素技術を創出する能力を修得する。

4. 最高度の研究能力の修得

情報工学分野の特定専門領域において、最高度の学識・技術を修得する過程で、普遍的で最高度の研究を遂行し、国際的にも認められ、その学問領域の後継者としてふさわしい能力を修得する。

ページの先頭へ