国際人間学研究所

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

著者みずから新刊を語る特別講演会 水野智之『名前と権力の中世史 室町将軍の朝廷戦略』

【2014年12月9日】

              

日時と会場

2014年12月9日(火曜日)15時20分~16時50分 【申込不要・入場無料・お茶接待あり】

中部大学春日井キャンパス 25号館4階 254Bゼミ室

語る人

水野 智之

1969年、愛知県に生まれる。1999年、名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程史学専攻日本史専修単位取得退学。2001年、博士(歴史学・名古屋大学)。日本学術振興会特別研究員(PD)、高千穂大学商学部准教授を経て、現在、中部大学人文学部歴史地理学科准教授。

著書概要

前近代の社会では、名前に権力者と同じ文字を使うことを避けねばならなかった。どのような名前をつけられ、なぜ改名したのかを探ると、当時の政治的秩序が読み取れる。このたびの拙著では主に室町時代を扱った。室町将軍は公家衆に名前の一部を授けたり、擬制の親子関係を結んだりしたことで、朝廷を支える人々との主従関係をつくりあげようとしていた。初代尊氏から十五代義昭まで、名前をめぐる権力と政治状況を読み解いてみたい。(水野智之『名前と権力の中世史 室町将軍の朝廷戦略』吉川弘文館)


PDFファイルリーフレット(PDF形式:約11.4MB)

主催:中部大学 国際人間学研究所

お問い合わせ先: 中部大学国際関係学部事務室
〒 487-8501 愛知県春日井市松本町 1200  電話:0568-51-4079

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ