国際人間学研究所

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2014冬 スペシャル講演会~新たなる美との邂逅~ 「私の西洋美術史再考」

【2014年12月3日】

 

日時と会場

2014年12月3日(水曜日)16時~18時 【申込不要・入場無料】

中部大学春日井キャンパス 10号館2階 1021講義室

講師

野村 幸弘(のむら ゆきひろ)氏  岐阜大学教育学部教授

1961年、京都市生まれ。東北大学とシエナ大学でイタリア美術史を学ぶ。1994年、アーティスト集団「幻想工房」を結成。「場所」をキーワードに「幻聴音楽会」の企画・演出、芸術評論、映像制作、絵画、デザイン、オブジェ制作など、多岐にわたる活動を展開。1996年、ダンス評論「土方巽と日本美術」が第1回シアターアーツ賞。2002年、映像作品「場所の音楽」がキリンアートアワード奨励賞を受賞。2005年、横浜トリエンナーレ、2010年、徳島LEDアート・フェスティバルに参加。毎月1回「岐阜大学芸術フォーラム」を開催、さまざまなジャンルの人と交流し、「場所の芸術」を追求している。

講演概要

フェルメールの絵にはなぜ椅子が多いのか?
ダ・ヴィンチのモナ・リザの微笑の意味は?
カラバッジョが秘かに描いた強烈な欲望とは?
自作のDVD作品で根本から美術史を描き直す。そんな美術史家がいる。画期的な西洋美術論!


PDFファイルリーフレット(PDF形式:約16.8MB)

主催:中部大学 国際人間学研究所

お問い合わせ先: 中部大学国際関係学部事務室
〒 487-8501 愛知県春日井市松本町 1200  電話:0568-51-4079

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ