発光生物学研究室

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

中部大学チャレンジ・サイト2018「発光生物交流プロジェクト」の参加者募集

「発光生物交流プロジェクト」が、平成30年度の中部大学チャレンジ・サイトに採択されました!

中部大学チャレンジ・サイトは、学生さん主体による活動の支援です。今回採択されたプロジェクト「発光生物交流プロジェクト」は、この活動の一環として参加学生を募集いたします。

チャレンジサイトHP:https://www3.chubu.ac.jp/challenge_site/

簡単にいうと、近くで発光生物を探しまくろうという部活動「発光生物部」のようなものだと思ってください。光る生きものは、結構みなさんの身近なところにもいるんです。

なにを探すのかというと、ヒメボタルLuciola parvula)、ホタルミミズMicroscolex phosphoreus)、発光菌類Mycena spp.)です。ほんとうにどこにでもいて、すぐに見つけられると思います

ときには少し遠征して、ウミホタル(Vargula hilgendorfii)、イソミミズ(Pontodrilus litoralis)、ヤコウチュウ(Noctiluca scintillans)も探しに行けます。

その他、発光魚の透明骨格標本を作ったり、より高度な科学をやってみたい人は遺伝子解析実験なども計画しています。

ちょっと興味があるなぁという学生さんは、プロジェクトアドバイザーの大場裕一(メーラーが起動しますyoba@isc.chubu.ac.jp)まで連絡を下さい。強制勧誘はしませんからご安心を。まずは、中部大キャンパス内で一緒に探してみましょう。

参加学生は文系・理系を問いません。自然の中で何かを探すのが好きな人、科学教育について考えている人、地域の自然と都市開発などに興味のある人、そしてなにより、光る生きものが好きな人を大募集です!

ページの先頭へ