• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

成績評価の基準

成績評価

成績は以下の基準にもとづいて評価します。

2006年度以降入学生対象

  • 成績 評語 グレード・ポイント 判定
    90点以上 S 4 合格
    80~89点 A 3
    70~79点 B 2
    60~69点 C 1
    59点以下 R 0 不合格
    E
    I
    転編入・留学などにより他大学等で修得した科目を本学の単位として認定したもの T 対象外 認定

2005年度以前入学生対象

  • 成績 評語 グレード・ポイント 判定
    80点以上 A 4 合格
    70~79点 B 3
    60~69点 C 2
    59点以下 R 0 不合格
    E
    I
    転編入・留学などにより他大学等で修得した科目を本学の単位として認定したもの T 対象外 認定
  • 不合格(R)は当該学期内に授業担当者が定めた方法(試験・課題等)により当該学期内に再評価を行います。
  • 不合格(I)は実験・実習・製図および実技等の科目で、学修状況がやや不充分な者に与えられる評価です。引き続く学期内または通年科目は1年以内に補充指導を行われたうえで成績が評価されます。(改めて履修申告の手続きが必要になります)
  • 不合格(R・I)の再評価科目の成績は C、Eとする。

GPA

GPA(グレード・ポイント・アベレージ)(成績評価係数)とは、アメリカなど海外で広く採用され、国内でも多くの大学が導入しています。具体的にはそれぞれの評価に一定のポイントを設定し下記のとおり平均点を算出します。これにより客観的に「学修到達度」を計ることができ、履修計画、学修指導の指標として、また、大学院進学、就職、海外留学などの際の学力を証明する指標にもなります。

GPAの算出方法

2006年度以降入学生

グレード・ポイント …  S:4、A:3、B:2、C:1、不合格:0

2006年度以降入学生

2005年度以前入学生

グレード・ポイント … A:4、B:3、C:2、不合格:0

2005年度以前入学生

  • 総履修単位には、不合格(E・I)となった科目を含みます。
  • 不合格科目を再履修し、合格評価を得た場合および再履修の結果、再び不可であった場合のそれぞれ再履修前の不可評価についてはGPAには算入しません。

GPA算出対象外科目

GPAの算出には、成績段階が付させる科目、全てを対象としますが、次の科目は対象外となります。

  1. 履修取消科目
  2. 他大学および資格取得における単位認定科目
  3. 卒業所要単位に算入されない教職課程・学芸員課程科目などの科目

成績順位

GPAを基にして学科・学年毎に成績順位を付します。ただし、下記の場合には成績順位を付しません。また、成績証明書には、成績順位は記載されません。

  1. 留年により2005年度以前の入学生が2006年度以降の成績評価段階が異なる学年に所属している場合
  2. 卒業要件単位数の50%程度が他大学で取得の認定科目となる編入学生。

成績およびGPA・成績順位の発表

春学期の成績発表

8月下旬にウェブ上で各自成績を確認することができます。また、保証人宛に郵便でも発送します。
不合格(R)の再評価・追試験の結果は秋学期オリエンテーション時に発表します。

秋学期の成績発表

2月中旬にウェブ上で各自成績を確認することができます。また、保証人宛に郵便でも発送します。
不合格(R)の再評価・追試験の結果は次年度春学期オリエンテーション時に発表します。

GPA・成績順位の発表

GPA・成績順位については、各学期のオリエンテーション時に配付される成績通知書に記載されます。

成績評価の確認

成績評価についての質問がある場合は、確認を願い出ることができます。疑問がある場合は期限内に申し出てください。期限については別途お知らせします。

  • 専任教員が担当している場合は、担当教員に直接申し出てください。
  • 非常勤講師が担当している場合は、教務課へ申し出てください。所定の用紙があります。

ページの先頭へ