• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

3つのポリシー 工学部 電子情報工学科

ディプロマ・ポリシー(DP) : 「卒業認定・学位授与に関する基本的な方針」=「学部・学科が教育活動の成果として学生に保証する最低限の基本的な資質を記したもの」=「養成する人材像」

カリキュラム・ポリシー(CP) : 「教育の実施に関する基本的な方針」=「DPを保証する体系性と整合性が担保されたカリキュラム」

アドミッション・ポリシー(AP) : 「DP・CPに沿った学生募集の方針と入学者選抜の方法」

ディプロマ・ポリシー (DP)

  • 方針概要
    電子情報工学科の課程を修め、必修等の条件を満たした124単位を修得し、電子情報工学の基礎と応用、自然環境や人類の福祉、情報化社会への対応など、電子情報工学に関する知識と能力を修得した有能な技術者として、以下に示した力を身に付けたものに対し学位を授与する。
  • ① 社会で必要とされる知識・技能
    絶えず進歩する技術と社会の要求に対応するため、調査・情報収集力、課題設定力、企画・計画力を獲得し、電磁気学、電気・電子回路、電子デバイス、通信工学および情報システムに関する知識・技能を発揮できる。
  • ② 知識・技能を活用する思考力・判断力・表現力等の能力
    データを収集、解析し、正確に考察できる電子情報技術者として、調査・情報収集力、データ解析力、ディスカッション力を獲得し、問題解決のための類推、創造、発見ができ、自分の考えを表現できる。
  • ③ 主体性を持って多様な人間と協働し、学び続ける態度
    国際的視野から情報発信できる電子情報技術者として、コミュニケーション力、傾聴・受信力、グローバルな思考力を獲得し、情報化社会におけるルールと技術者倫理を理解し、他のメンバーと協働して遂行できる。

カリキュラム・ポリシー (CP)

  • 方針概要
    電子情報工学科では、ディプロマ・ポリシーに掲げた目標を達成するために、全学共通教育科目、工学部共通教育科目、電子情報工学科専門教育科目を体系的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を実施し、教育評価を行う。科目間の関連や科目内容の難易度を表現するナンバリングを行うとともにカリキュラムマップによってカリキュラムの体系を明確にしている。
  • ① 教育内容
    (1) 学修の基礎となる全学共通教育科目、工学部共通教育科目、電子情報工学科専門教育科目の履修を通して、幅広い知識を修得するとともに、自らのキャリア形成の方向付けができるように科目を配置している。
    (2) 電子情報工学の基礎知識、理論およびそれらを活用できる能力を身に付けるために「電子情報基礎学」「電子デバイス」「通信工学」「情報システム」および「電子情報工学一般」の科目群を配置している。
    (3) データを収集、解析し、正確に考察できる技術者に求められる調査・情報収集力、データ解析力、ディスカッション力を獲得できるよう体系的に科目を配置している。
    (4) 国際的視野から情報発信できる電子情報技術者として、コミュニケーション力、傾聴・受信力、グローバルな思考力を獲得できるよう体系的に科目を配置している。
  • ② 教育方法
    (5) 電子情報工学の理解を深めるとともに理解度を認識させるため、電子情報工学の基盤となる専門科目には演習形式の講義を行う。
    (6) 実践的な技術の経験と理解、知識修得を確認するために、実験形式の科目を各学年で開講している。また、主体的な学びの力を高めるために創成的な講義・演習科目を開講している。
    (7) 履修上限を設け、自己学修時間を確保している。主体的な学び、自己学修を援助するために、授業時間外に学習支援室を設けている。
    (8) 指導教授制、学生カルテの活用によって、学習・教育到達目標の達成度をチェックする。達成度が不十分な学生は、呼び出しなどによって個別指導を行う。
  • ③ 教育評価
    (9) 科目ごとに達成度を評価する。ディプロマ・ポリシーに掲げた学習・教育到達目標を達成できたかを評価する。
    (10)「卒業研究」によって、電子情報技術者として十分な情報収集・選別力、口頭発表力、文章作成力およびコミュニケーション力に到達しているかを評価する。

アドミッション・ポリシー (AP)

2018年度入学より募集停止

ページの先頭へ