• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

中部大学の内部質保証

内部質保証のための全学的な方針

さらなる教育研究の質保証を目指して

中部大学は、建学の精神を信条とした基本理念・使命・教育目的の実現に向けて教育研究等諸活動について自主・自律して自己点検・評価を行い、さらなる向上を目指した持続的な活動により教育研究機関としての質保証に取り組みます。

大学全体としての自己点検・評価、各組織、部署における自己点検・評価、個々の教職員による自己点検・評価をそれぞれ推進し、持続的な改善向上を目指します。

2019年9月からは、改善向上をさらに推し進めるために、学長のリーダーシップの下、大学全体の内部質保証に責任を負う組織「内部質保証推進委員会」を設置し、全学的体制をより一層明確化しました。

中部大学 内部質保証体制図

内部質保証体制図

図をクリックすると拡大

改善向上に向けた取り組み

内部保証推進委員会は、自己点検・評価の実施により明らかとなった、全学を挙げて取り組むべき課題(全学的課題)と各組織が自律的に取り組むべき課題(個別課題)について、自己点検・評価委員会から報告を受け、全学的課題の解決に向けた対応を策定・実施すると共に、個別課題については対象組織の責任者に向けて改善計画と改善結果の報告を求めます。これを毎年度繰り返していくことにより、教育研究をはじめとする諸活動の質保証を実現していきます。

なお、内部質保証体制については定期的に学外者による評価(外部評価)を受けることで、その適切性を検証しています。

中部大学の自己点検・評価

ページの先頭へ