• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

目的

エクステンションセンターが目指すもの

エクステンションセンターの原点

中部工業大学が経営情報学部と国際関係学部を設置し、中部大学としてスタートするのを翌年にひかえた1983(昭和58)年10月、本学の山田和夫学長(当時)は「中部大学の新しい学風をつくろう」と題するメッセージの中で次のようにのべています。

「すでに自由世界第2位の巨大な経済社会を構築したわが国が、先進工業国の一員として、21世紀に向かって国際社会に貢献していくためには、心身ともに健全で、将来に対して責任を分かち合えるような優れた人格と識見を持ち、国際的視野で判断のできるバランスのとれた人材を広く国民各層にわたって、しかもできうる限り多数養成していく必要がある。」

現在、多くの人々の参加を得て、地域社会における生涯学習を推進するための数々の事業を展開するエクステンションセンターの原点はここにあるのです。

エクステンションセンターの目的

大学開放の一環として、地域へ開かれた学習機会を提供する立場から公開講座を学内のみならず大学周辺都市と協力して、大学の採るべき地域交流を推進し、社会貢献に寄与することを目的としております。

ページの先頭へ