• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

資 格

電子情報工学科では、様々な免許・資格の取得が可能となるようにカリキュラムが構成されており、所定の単位を修得することにより、最大4種類の免許・資格を取得することができます。電子情報工学の専門分野の勉強をしながら、併せて就職時に有利な各種の資格が取得できます。

取得が可能な資格

下記の4種類の免許・資格は、在学中に所定の単位を修得することにより取得が可能な資格です。

  • 高等学校教諭1種免許状「情報」(教職課程の単位取得を条件とする)
  • 高等学校教諭1種免許状「工業」(教職課程の単位取得を条件とする)
  • 無線技士「第1級陸上特殊無線技士」(所定の単位を取得して卒業後申請により免許が取得できる)
  • 無線技士「第3級海上特殊無線技士」(所定の単位を取得して卒業後申請により免許が取得できる)

教員免許状

教育職員免許状を取得するには、卒業に必要な所定の単位を取得するとともに、教職課程別サイトへ移動しますにおいて必要な科目を履修しなければならない。

免許状が取得できる教科と必要な科目についてはPDFを参照してください。(PDF形式:約2.9MB)PDFファイル

無線技士の資格

第1級陸上および第3級海上特殊無線技士の資格を取得するために履修する科目

科目区分 授業科目名 単位 免許の対象資格
1級陸上特殊 3級海上特殊
無線機器学その他無線に関する科目 通信ネットワーク 2単位/選択
電磁波工学その他空中線系および電波伝搬に関する科目 電磁波工学 2単位/選択
ワイヤレス通信 2単位/選択
電子計測その他無線測定に関する科目 電気計測 2単位/選択
電子情報工学実験IA・IB 2単位/必修
電子情報工学実験IIA・IIB 2単位/必修
電子情報工学実験III 2単位/必修
電波法規その他電波法令に関する科目 通信法規 2単位/選択

免許の対象資格欄の○印は、当該対象資格の免許を受けるために履修する科目を示す。

(注)上記の科目は2006年度(2006年度)の入学生から適用され、それ以前に入学した卒業生は免許取得に必要な科目が異なる。申請可能な卒業生は、1992年年度(1992年度)の入学生(ただし、1993年度(1993年度)入学者は除く)からで、免許取得に必要な履修科目は東海総合通信局のホームページ (PDF形式:約0KB)PDFファイルで確認してください。

無線従事者の資格と操作することができる主な無線設備

資格名 操作することができる主な無線設備
第1級陸上特殊無線技士
  • 多重無線設備を使用した固定局等の無線設備
  • 第2級陸上特殊無線技士の資格で操作できる無線設備
第2級陸上特殊無線技士
  • 陸上を移動する形態の無線局、VSAT(ハブ)の無線設備
  • 第3級陸上特殊無線技士の資格で操作できる無線設備
第3級陸上特殊無線技士
  • タクシー無線、トラック無線の基地局等の無線設備
第3級海上特殊無線技士
  • 沿岸海域で操業する小型船舶やプレジャーボートの船舶局の無線電話等の無線設備

無線従事者免許の申請方法

総務省のホームページから無線従事者免許申請書をダウンロードして必要事項を記入し、
下記の書類を添えて、東海総合通信局新しくウィンドウが立ち上がりますへ申請する。

必要書類

  1. 成績証明書
  2. 卒業証明書

申請手続き、申請書のダウンロードはこちらのサイト新しくウィンドウが立ち上がりますから

ダウンロードから免許証発行までの流れ

ダウンロードから免許証発行までの流れ

取得が期待される資格

電子情報工学に関連する資格として、下記の資格の取得が期待されます。
それぞれの資格を得るための試験に合格することが必要となります。
また、卒業後の実務経験年数が必要になる場合があります。

  • 情報処理技術者「基本情報技術者」
  • 情報処理技術者「応用情報技術者試験」
  • 陸上無線技術士(第1級・第2級)
  • 電気通信主任技術者「第1種伝送交換主任技術者」
  • 電気通信主任技術者「第2種伝送交換主任技術者」
  • 電気通信主任技術者「線路主任技術者」
Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ