• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学科主任メッセージ

モノづくりが好きで、通信・コンピュータに興味があり、新しいことに挑戦してみたい
そんな人、大歓迎ですね。

       

             電子情報工学科主任
               石井 清 教授

世界中の人たちと瞬時にコミュニケーションがとれるインターネット、急速に普及しているスマートフォンやICカードなど、エレクトロニクス技術を基盤とするさまざまなシステム、デバイスおよびソフトウエアは、私たちの生活を豊かにしています。これらの技術をさらに発展させること、また、全く新しい技術を研究開発することが私たちの生活をより良くするために強く望まれています。これらのコミュニケーションやエレクトロニクス技術の担い手を育ててきたのが電子情報工学科です。いろいろな情報通信機器の原理が知りたい人、さらに便利で快適なものを創り出してみようと思っている人など、ぜひ、電子情報工学科で学び、研究しましょう。
電子情報工学科では、電子情報工学の基礎学問を重点化するとともに、無線や光ファイバを用いた通信システムやレーザーやプラズマを利用した電子デバイスなどのハードウエアと実践的なプログラミング(ソフトウエア)を同時に学ぶことによって、高度で実践的な技術者、新たな未知領域への挑戦ができる技術者を育てることを目標としています。

“電子・情報・通信”分野の幅広い知識や技術を備えたエンジニアになろう!

電子情報工学科では、広範な電気、電子関連工学の中で、主として通信、電子デバイス、情報の担い手を養成しています。
具体的には、ハードウェア(電気・電子機器とそれらを構成する各種素子)とそれを制御するソフトウェア(ハードウェアを動作させるプログラム)の開発能力を持つ技術者の養成に教育の重点を置いています。
そのため、特に電気・電子回路、電磁気学、情報基礎などの電子情報の基礎学力の習得に力を入れ、常に、現代社会が要求する新しい技術、新たな未知領域への挑戦ができる技術者の育成を目指しています。
皆さん、私たちと一緒に電子情報工学を学びましょう。

ページの先頭へ