• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

教育方針

教育目的

電気・電子・情報通信工学を基盤とする学術分野における教育研究を行い、主として電力工学、電気機器、電子工学、電子応用、情報工学、電子物性学および電子デバイスの領域における基礎学理を研鑽し、時代を先取りした応用開発力のある有能な人間を育成する。 

学修教育目標

博士前期課程

1.専門領域の高度の学識・技術の修得

電気電子工学分野の原理・原則に関する知識を深めると共に、電力工学、電気機器、電子工学、電子応用、情報工学、電子物性学および電子デバイスの特定専門領域における高度の学識・技術を修得させる。

2.周辺領域の幅広い学識・技術の修得

専門領域の学識・技術のみならず、その周辺学術領域における幅広い学識・技術を修得させる。

3.問題解決能力の修得

与えられた技術的課題に対し、高度の専門領域の学識・技術と周辺領域の幅広い知見を駆使して、その解決に向けて、綿密な計画を立案し、果敢に実行し、結果を分析評価し、残された問題の解決、改善に結びつける能力(広義のデザイン能力)を修得させる。

4.コミュニケーション能力の修得

与えられた技術的課題(プロジェクト)について、多方面の専門家と協力して解決に導き、成果を簡明かつ論理的に取りまとめ、国内・海外の学会などで説得力のある発表をすることができる能力(コミュニケーション能力)を修得させる。

博士後期課程

1.専門領域の最高度の学識・技術の修得

電力工学、電気機器、電子工学、電子応用、情報工学、電子物性学および電子デバイスの特定領域における、最高度の学識・技術を修得させる。
 

2.周辺領域の幅広い学識・技術の修得

自らが携わる特定の専門研究分野以外の周辺学術領域における幅広い学識・技術を修得させ、豊かで深い人間性を備え高い見識を有する最高度の電気技術者・研究者を育成する。

3.最高度の研究能力の修得

電気電子工学に関する、普遍性の高い学識・技術を創造・開発することができ、国際的に活躍できる最高度の研究能力を備えた研究者を育成する。

 

ページの先頭へ