• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2015年度 現代教育学部 幼児教育学科卒業 森下善貴さん

【2016年3月18日】

努力で掴んだ夢

プロフィール

森下善貴さん。2015年度 現代教育学部 幼児教育学科 卒業 。福江高校出身。 尾張旭市保育職合格

保育者を目指すきっかけ

子どもと関わる仕事がしたかったことと、妹や年下の面倒をみることが小さい頃から好きでした。

オススメの授業

子どもの食と栄養の授業です。離乳食について学びを深め、アレルギーの子どもでも食べることができるお菓子等を作ります。食育を理論と実践により学ぶことができます。

入学して力を注いだこと

1年生から2年生にかけてはすくすく隊、3年生からはわんぱく隊に力を注ぎました。僕の大学生活はこの2つといっても過言ではありません。特にわんぱく隊では、子どもの成長を身近に感じることができました。なかなか保護者から離れることができないお子さんがいましたが、活動を通じ、徐々に保護者から離れ活動できるようになり、最終回(わんぱく隊は全7回)には、朝から見送りの保護者に手を振り、活動に入るまでになりました。余談ですが、この子が「お兄さん、一緒に遊ぼう」と最後に手を引っ張ってくれたときに、嬉しくて泣いてしまいました。

保育・教育実習について

実習先の保育士の先生のお子さんがわんぱく隊に参加していたため、「わんぱく隊のお兄さんですよね」と声をかけていただきました。地域とのつながりを感じた瞬間でした。

公務員保育職対策

図書館とラウンジで毎日勉強していました。東京アカデミー公務員保育職対策講座も受講していましたので、講座の復習をひたすら行っていました。また、幼児教育学科の先生方に面接練習もしていただきました。

後輩へのアドバイス

勉強と遊びとアルバイトの3つのバランスが大事です。また、毎日の生活の中で、どんな小さなことでもいいので楽しみを見つけると就活も頑張ることができると思います。

ページの先頭へ