• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2020年度 現代教育学部 現代教育学科卒業 大澤 仁さん

【2021年2月24日】

 

プロフィール

大澤 仁さん。2020年度 現代教育学部 現代教育学科(中等教育国語数学専攻)を卒業。名古屋市教員採用試験に合格。4月から名古屋市内の中学校に数学教師として勤務予定。

中部大学への入学を志望した理由

特別奨学生試験という入試方法があることを知り、合格できれば良い環境で学ぶことが出来る上に、両親にかかる金銭的な負担を和らげることができると思い志望しました。

中部大学に入学して良かったこと

とても広いキャンパスなので、気分転換の散歩にはもってこいでした。また、共に刺激しあいながら学ぶことのできる仲間と出会うことができました。中部大学に入学していなかったら、教員採用試験に合格できなかったかもしれません。

入学して力を注いだこと

とにかく成績を維持し続けること、講義の中から小さなことでも良いから吸収することに力を注ぎました。また、子ども達と接する機会を増やすために、塾のアルバイトや学校ボランティアなどを始めました。

教員を目指すきっかけ

教員を目指すきっかけとなった先生が二人います。
一人目は、中学校のサッカー部顧問の先生です。この先生のようになりたくて、教員という道を意識し始めました。二人目は、高校一年生の時の担任の先生です。進路指導の際に、教員の魅力について教えていただき、教員を本気で目指すようになりました。

教育実習でのエピソード

研究授業では反省点が多く、とてもうまくいったとは言えませんでしたが、授業を受けてくれた生徒に、「先生の授業、分かりやすかったよ」と言われ、とても嬉しく、「私の授業を受けてくれてありがとう」という感謝の気持ちでいっぱいになりました。

教員採用試験対策(サポート体制等)

教育実習センターでの面接練習やゼミでの面接練習は、自分にとって欠かせない対策だったと思います。このような環境に恵まれたことに感謝しています。 

後輩へのアドバイス

中部大学で出会った仲間と共に刺激しあうことは、教員になる、ならないに関わらず、とても有意義なことだと思います。ぜひ大切な仲間と過ごす時間を楽しんでください。
また、大学生には時間がたくさんあります。その時間を使ってたくさんの体験・経験を積んでください。それらがその後の人生をきっと豊かにしてくれます。

ページの先頭へ