• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2020年度 現代教育学部 現代教育学科卒業 關谷 有希乃さん

【2021年2月24日】

 

プロフィール

關谷 有希乃さん。2020年度 現代教育学部 現代教育学科(現代教育専攻)を卒業。愛知県教員採用試験に合格。4月から愛知県内の小学校に勤務予定。

中部大学への入学を志望した理由

中部大学は家から近いこと、理系で小学校免許が取得できること、小学校免許と中学校理科免許が同時に取得できることから志望しました。

中部大学に入学して良かったこと

なるほど子どもアカデミー、観察実習など、実践的に児童と関われる活動が多くあり、教育実習の他に教員としてスキルアップできること。そのような活動のおかげで、縦のつながりがあり、実習や教員採用試験の分からないことを聞けること。

入学して力を注いだこと

なるほど子どもアカデミーなどのボランティア活動です。ボランティア活動は、経験にも勉強にもなり、教員採用試験での自己PRや話の種にもなるので、参加して損はありません。特に学校ボランティア(学習チューター)など、市に登録ができるものは一つ経験しておくと良いと思います。

教員を目指すきっかけ

大学受験では、周りと一緒に何となく教育学部を受験しました。しかし、教育実習などを体験していくうちに、教師という仕事のやりがいや楽しさに気づいて、本格的に教員を目指すようになりました。

教育実習でのエピソード

気疲れやタイトなスケジュールに、何度も心が折れそうになりました。自分の考えた授業で、知的障害や自閉症の可能性がある児童が、全員の前で手を挙げて発表してくれたとき、とても嬉しく、疲れが一気に吹き飛んだ記憶があります。

教員採用試験対策(サポート体制等)

教員採用試験対策講座や、教育実習センターでの面接練習、教職支援センターで教員採用試験対策の本が借りられるなど、様々なサポート体制が整っています。それに加えて、学校の校長先生や、教育委員会などを経験されている教授がたくさんいらっしゃるので、分からないことは何でも教えていただけます。 

後輩へのアドバイス

毎日教員採用試験に追われて勉強するのは、正直しんどいと思います。そんな時は存分に休憩して、友達と遊んでください!毎日少しでも勉強しているだけで凄いことだと言い聞かせる!心が折れてしまったら終わりだと私は思っていました。 先生や周りの尊敬できる友達を大切に無理しすぎず頑張ってください。応援しています。

ページの先頭へ