• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2018年度 現代教育学部 現代教育学科卒業予定 羽地裕太郎さん

【2019年2月20日】

青い海と輝く笑顔

プロフィール

羽地裕太郎さん。2018年度 現代教育学部 現代教育学科現代教育専攻卒業予定 沖縄県立浦添高校出身。 沖縄県教員採用試験合格

志望理由

沖縄県から一度出てみたかったことです。
特に愛知県の教育に関心がありましたので愛知県の大学を志望しました。
※例を挙げると、沖縄には集団登校・下校もありません。

教育実習での所見・目指す教師像

時間が足りなく、準備不足の授業は子どもの反応が乏しく、時間をかけて準備をした授業は反応が違いました。全力を注ぐと反応で返ってくる。教育に全力を注ぐ熱い教師になりたいと強く感じました。

教員採用試験対策(地方出身者向け)

大学が愛知県のため、沖縄県の教員採用試験情報がまわりにありませんでした。そのため、傾向分析に重点を置きました。過去10年の試験傾向を調べ、教育実習でお世話になった実習校の先生方に連絡をとり、沖縄県の教育事情について情報収集をしました。

 

 

 

学生生活で力を入れたこと

ボランティア活動です。学内ではフレンドシップあつまれわんぱく隊新しくウィンドウが立ち上がります、学外では勝川ハロウィンフェスティバルスタッフです。●●

現代教育学部に入学して良かったこと

実務家出身の先生が多いため、現場の様子を聞く機会が多くあります。そのため、教師の心構えについて恒常的に学ぶことができます。また、海外教育体験として大学の補助を受けて短期語学研修に行くことができました。

ページの先頭へ