• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2018年度 現代教育学部 幼児教育学科卒業 尾崎夏海さん

【2019年2月20日】

子どもたちとたくさんの出会いを

プロフィール

尾崎夏海さん。2018年度 現代教育学部 幼児教育学科卒業 静岡県立浜松湖南高校出身。 静岡県湖西市公務員保育職採用試験合格

中部大学への志望動機

共学で保育士・幼稚園教諭が取得可能な大学を探していました。共学の志望理由を具体的に挙げますと、授業等において女性のみで事例検討を行うよりも男性がいる環境で男女間で議論する方が幅広い知識を得られると思ったからです。

オススメの授業

保育内容の音楽系科目や模擬保育科目です。人前で発表する機会が多く、緊張しやすい私が人前でも堂々と発表できるようになりました。

入学して力を注いだこと

地域の幼児・児童を招いて行う保育・教育ボランティア活動の『フレンドシップ活動あつまれわんぱく隊新しくウィンドウが立ち上がりますです。
色々な思い出がありますが、参加幼児にアレルギー児も受け入れているため、調理実習企画の際にアレルギー除去食をみんなで食べました。アレルギー児は、通っている園ではみんなと違う食事を食べることが多いため、「みんなと同じものが食べれる!やったぁ!」と喜んでいました。その姿をみて、喜びとともに、アレルギーと保育の重要性を感じました。また、地域の方の大切な子どもを預かるという責任感が増す経験でした。

保育実習でのエピソード

1歳児クラスに配属されました。印象に残っているエピソードは、初めて立った瞬間に立ち会うことができました。ちょうど保護者の方が迎えにいらした時でしたので、保護者の方と喜びを分かり合うことができました。貴重な経験でした。

 

 

公務員保育職採用試験対策について

中部大学で開講している公務員保育職採用試対策講座の受講と図書館新しくウィンドウが立ち上がりますで過去問をひたすら解きました。

中部大学に入学して良かったこと

わんぱく隊に入ったことにより、学年間での縦の強いつながり、全国フレンドシップ活動では他大学との交流ができました。また、地域ごとの特性を活かした企画について学ぶことができ、思考の視野が広がりました。

 

ページの先頭へ