• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2016年度 現代教育学部 幼児教育学科卒業 深谷絢果さん

【2017年2月27日】

障害児に寄り添う保育を

プロフィール

深谷絢果さん。2016年度 現代教育学部 幼児教育学科卒業 同朋高校出身。 栄和幼稚園内定

中部大学への志望動機

オープンキャンパスがきっかけです。施設がたいへん充実していて驚きました。また、学生スタッフがバルーンアートを作っている姿が印象的でした。

オススメの授業

障害児保育です。障害児保育について学ぶ機会はなかなかありませんので、貴重な時間でした。

入学して力を注いだこと

バスケットです。

1年の時に3部から1部に昇格したこと、3年の春リーグで東海3位になれたことは、とても嬉しかったです。
余談ですが、女子バスケット部の顧問は幼児教育学科の花井教授別サイトにリンクしますです。

入学後に保育者という職業のイメージが変わったか

入学前までは、「保育者=子どもと関わること」でしたが、保育実習・幼稚園実習を通し、保護者との関わりの重要性を感じました。

保育職採用試験対策・後輩へのアドバイス等

幼児教育学科の先生方が熱心に指導してくださいます。面接練習のほか、ボランティア情報や園見学情報を教えていただけるため、情報が欲しいときは、先生の研究室を訪ねました。その甲斐あり、紹介していただいた園見学がきっかけで内定を得ることができました。園見学は、園の雰囲気が伝わるため、必ず行くことをおススメします。

ページの先頭へ