• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2016年度 現代教育学部 児童教育学科卒業 関谷憲司さん

【2017年2月27日】

身近な成長 私の喜び

プロフィール

関谷憲司さん。2016年度 現代教育学部 児童教育学科卒業 名古屋高校出身。 名古屋市教員採用試験合格

オススメの授業

中学校(理科)免許取得のための授業は実験、実習、模擬授業等が多く含まれており、教育実習に成果が直結しやすかったと思います。

教員を目指すきっかけ

小学校5・6年生の担任教員への憧れです。

教育実習でのエピソード

一方的に授業を進めるのではなく、子どもとの対話が長い方が授業が成り立ちやすく、学習効果があることを感じました。投げかける言葉の順番によっても子どもの反応が大きく変わり、言葉の大切さを実感しました。

入学後に教員という職業のイメージが変わったか

教員という職業の大変さや責任感を、より自覚するようになりましたが、それ以上に教員になりたいという気持ちが強くなりました。自分自身がそうであったように、教員の言葉で子どもたちが成長できる、そんな教員になりたいと強く思います。

教員採用試験対策・後輩へのアドバイス

教育実習センターでの面接対策、小論文指導は不可欠ですが、図書館や板書練習スペース等の施設環境を大いに活用することが大切です。

ページの先頭へ