• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学部長メッセージ

未来を担う子どもたちを育てる保育者・教育者を養成

現代教育学部は、次世代を担う乳幼児や児童生徒の人格形成の基盤を体系的に支援することができる優れた保育者・教育者を育成することを理念として教育を推進してきました。

とりわけ、幼児教育学科では、幼稚園、認定子ども園、保育所や施設の教諭や保育士を養成してきました。現代教育学科では、全国各地の小学校、中学校(国語・数学・理科)、特別支援学校教諭を多く輩出してきました。

現在、保育界では乳幼児の様々な危機的な事態が発生しています。幼児教育者や保育者は、乳幼児の尊い命を預かり、育む、大切な責務を担っていることを自覚し、高い専門性と実践的力を備えていなくてはなりません。幼児教育学科では、責任感・使命感の強い、社会のニーズに適切に対応でき、乳幼児に寄り添う力量を備えた幼稚園教諭や保育士を養成していきます。また、教育界においては、子ども人口の急減から小学校・中学校の統廃合が進み、義務教育全般を通して教育に従事することのできる人材が求められています。現代教育学部では、複数の学校種の免許状を取得し、教育界に貢献できる、高い専門性と実践的指導力を備えた教育者を養成していきます。

現代教育学部ではこれらを実現するために、正課の講義、実習のみでなく、正課外で保育や学校現場でのボランティア活動を通して専門性と実践力の検証を行う機会を豊富に用意しています。

現代教育学部は、未来を担い、未来を託すことのできる、たくましく、心豊かな子どもたちを育てる保育者や教育者の養成をめざしています。

現代教育学部長

現代教育学部学部長 辻本 雅史

ページの先頭へ