• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学科主任メッセージ


毎日を全力投球で!

 一般に「後悔先に立たず」と言われますが、一生に一度しかない学生生活(?)、毎日をどう過ごすかが重要だ(った)ということが後でわかります。(人生とはそういうもの)

 数字に強い情報工学科の皆さん、「1460」という数字を聞いて何を想像しますか。すぐに気がついた人もいるかも知れませんが、この数字は大学生活4年間の日数(365日/年×4年)です。1460日と聞いて「多い」、「少ない」は学生それぞれかも知れません。

 それでは、ここで少し見方、考え方を変えてみましょう。

大学の講義は春学期、秋学期それぞれ15週ですので、年間で30週となります。例えば、月曜日から金曜日まで週5日間大学で講義を受けたと仮定すると150日程度、4年間で600日となります。

皆さん、この数字を見てどう思いましたか?

ほとんどの学生が「え、そんなに少ないの」と感じたのではないでしょうか。

 さらに、就職活動開始までとなるとその日数は当然少なくなります。それまでに自分自身の魅力、特徴を構築しておくことが重要となります。

 何気なく過ごしている毎日でも、ちょっと見方を変えるだけでかなり印象が変わるということがわかります。

 ということで、学生の皆さんには与えられた時間は「無限」ではなく「有限」であると意識した上で毎日を過ごして頂きたいと思います。

 とにかく、何事にも毎日全力でチャレンジしてください!それが皆さんの将来にきっと役に立つと信じて。期待しています!!

 
 
 
 
 
 
 
 

 
学科主任
木村 秀明 教授

ページの先頭へ