地域連携センター

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

国際人間学研究所シンポジウム「持続可能な観光2019」で恵那市の地歌舞伎調査について報告されました

【2020年2月26日実施】

恵那市の地歌舞伎調査について調査報告

2019年度より、国際人間学研究所のプロジェクトのひとつとして、「東濃地方の地芝居等文化資源記録保存プロジェクト」が開始されました。初年度は恵那市の地歌舞伎をはじめとした伝統芸能が、「持続可能な観光」の推進とどのような関係にあるのかを中心に研究を進めます。

シンポジウムでは中間報告が行われ、恵那市職員の方にも参加いただき、同プロジェクトメンバーの人文学部柳谷啓子教授、永田典子教授、嘉原優子教授と活発な意見交換が行われました。

シンポジウムでの意見交換シンポジウムでの意見交換

恵那市飯地町 五毛座恵那市飯地町 五毛座(登録無形文化財)

五毛座内での調査 飯地五毛座歌舞伎保存会による説明 (五毛座内)

ページの先頭へ