• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

コモンズセンターって何?

使い方、自由自在。みんなの創成空間。

1. 「コモンズサポーター(学生)」が運営

コモンズセンターは運営も学生主動。インターンシップの位置づけで、学生がコモンズサポーターとして就業、利用者との調整役にあたります。コモンズサポーターは、利用者に必要な情報を提供するだけでなく、多様なグループや仲間同士をつなぐのも大切な役割。さらにコモンズサポーター発案によるイベント企画・運営を行い、サポーター就業経験のなかで社会人基礎力を磨きます。

2. 「人×人」=アイディアパワーUP!

「コモンズ」は「共有のスペース」を意味します。この場所で人と人とが出会い、時間や空間を共にして交わることで、互いに知恵や知識を得て、人に学び、解決していく。相互交流によって、新しい発想や仲間が生まれ、自分のやりたいことや、課題が見えてくるはず。そのプロセスや成果を発表できる場やチャンスも訪れます。何かが動き出すこの場所へ、一歩足を踏み入れてみてください。

3. 必要なものはすべて揃う「学びの場」

コモンズセンターは全域で無線LANが利用可能。TVモニターや壁面に大型ホワイトボードが設置されたコーナー、大型スクリーンが使用可能なエリアなどもあり、多様な学習に対応。また、ノートパソコン、プロジェクターなどICT機器の貸出も行っています。

4. 「コモンズコンシェルジュ(教職員)」が的確にサポート

コモンズセンターは、学生と教職員の間のコミュニケーションを高める場でもあります。自分たちだけでは解けない難題にぶつかることもあるはず。そんなときには教職員によるコモンズコンシェルジュがみなさんの主体性を尊重しながらアドバイスやヒントを提供します。しかし、実際に行動するのはみなさんです! コンシェルジュはあくまでサポート役として支援します。

ボクらだって社会に意見あり!みんなの意見も聞きたいね。ステージエリアで討論会を開こう!コモンズセンターでノートPCを借りると最新の電子書籍も読めるんだって!授業のことで相談したいんだけど・・・やりたいことが見つからない

 

ページの先頭へ