• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

スポ根は時代遅れ!効果的にトレーニングしよう。

【2016年9月1日】

試合前日のカツ丼は間違っていた!!

『スポーツ医学常識のうそ』 横江清司

オリンピックもあり今スポーツが大注目を集めています。中部大学では部活動がとても盛んで多くの学生が運動部に所属していることでしょう。また、部活に入っていなくてもスポーツが好きで運動を行っている人も多くいることでしょう。そこで私がお勧めするのがこの「スポーツ医学常識のウソ」です。皆さんは今まで運動を行っていくうえで常識と思ってきたことが実はウソなのかもしれません。例えば、皆さんはスポーツ中、熱中症を予防するために水を十二分に飲まなければいけないと思っていませんか。スポーツを行ううえで熱中症に気を付けなければいけないことは誰でも知っていると思います。しかし、どう予防していけばいいのかわからない、あるいは水をたくさん飲んでおけば大丈夫と思っている人がほとんどではないでしょうか。でもそうではありません。なぜ違うのか、どうするのが良いのか、全てはこの本に書かれています。
 このほかにも食事について、トレーニングについて、怪我・故障についてなどの常識の真実を教えてくれます。さらにこの本の著者は中部大学スポーツ保健医療学科教授、横江清司先生です。横江先生の専門はスポーツ医学です。本の内容は誰にでも理解ができるようとても分かりやすく書かれています。ぜひ読んでみてください。

コモンズサポーター 翠川凌

 

 

 

ページの先頭へ