• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

「中部大学フェア2018 ―人づくり・モノづくり・コトづくり・夢づくり―」

【2018年9月13日開催】

来場歓迎・入場無料

会場風景

日時

2018年9月13日(木曜日)午前10時~午後4時
※各催しによって時間が異なります。

会場

中部大学キャンパス内(愛知県春日井市松本町1200)

  • アクティブホール(不言実行館ACTIVE PLAZA 1階)
  • 体育館

プログラム

特別講演(会場/不言実行館1階 アクティブホール)午前10時~午前11時40分

演題: 「これからの科学・ブダペスト宣言から20年」

宇宙ステーションに食事を届けることができるのに、飢餓地帯に食糧を届けられないのはなぜか。科学の急速な進歩で過去には想像もできないようなことができるようになったのに、地球上には、分断と格差、紛争、国家間不信、環境劣化、自然災害増大など、解くことの困難な問題が増えつつある。科学によって何ができるようになり、何ができないでいるのか。これから何を研究するかについて、科学者が深く考えなければならない時が来た。

特別講演のみ、事前にお申し込みが必要です。以下のフォームよりご入力ください。

吉川 弘之 氏

日本学士院会員
元 東京大学 総長

吉川 弘之 (よしかわ ひろゆき) 氏

ブース形式による研究シーズ紹介(会場/体育館)午後0時30分~午後4時

研究者の研究シーズおよび研究内容を紹介します。

特集ミニ講演会(会場/体育館)午後1時~午後2時20分

「大学における六次産業教育研究と中部地区の産業構造の転換」、「水の管理と保全」

技術相談・知的財産相談コーナー(会場/体育館)午後0時30分~午後3時30分

本学のコーディネーター7人がご相談に応じます。

施設見学会

  • 伊藤平左エ門カメラコレクション 午前11時30分~午後2時
  • 天文台天体観測所  午後0時~、午後1時~、午後2時~
    3Dプラネタリウム上映、天候が許せば三日月と金星を観測
  • 植物工場・食品プラント、工学デザインルーム 午後2時30分~
    植物工場:
    LED 照明と水耕栽培装置を組み合わせて植物を栽培する施設、育成雰囲気の制御も可能

    食品プラント:
    乳製品、肉製品、パンや麺類、レトルト食品を生産・加工できる食品製造実習プラント

    工学デザインルーム:
    学生主体のものづくりを全面的に支援する施設『アイデアを形にするところ!』

交流コーナー(会場/体育館)午後0時30分~午後3時30分

ご来場いただいた皆様と本学研究者とが意見交換をいただく場を設けます。

プログラムダウンロード

お問い合わせ

中部大学 研究推進事務部

電話: 0568-51-4852(直通)
ファックス: 0568-51-4859
Eメール: kensien@office.chubu.ac.jpメーラーが起動します

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ