• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

研究戦略部門 研究推進企画室、産官学連携推進室/研究推進事務部について

企業の実情を把握し、解決法を探るニーズに対応
産・官・学を結ぶ架け橋として本学が誇る知的資産の活用を

概要

大学等技術移転促進法の施行を契機としてTLO(技術移転機関)の認知が高まる中、中部大学は1998年度にTLO推進室を開設、2002年度にそれを拡張・強化する機関として研究支援センターを設置しました。その後、2014年度には、学内の研究所・センターを統括して、本学における研究戦略、研究推進の方針、研究環境の整備、研究資源の調達、研究の調整、研究成果の公表等を全学的な立場から企画、立案するとともに個別研究所等の研究活動を推進することを目的として研究推進機構を置き、その事務部門として研究推進事務部が設置されました。2017年4月には研究戦略部門となり、研究推進企画室、産官学連携推進室が設置されました。

研究推進企画室、産官学連携推進室/研究推進事務部では、企業や国、自治体からの共同・受託研究などの相談窓口として研究支援に関する業務を総合的に行っています。企業のニーズと大学が保有する研究とのベストマッチングを重視している当部では、企業が直面しているさまざまな課題について念入りなヒアリングと情報収集を行い、500人を超える本学の教員・研究者の中から適任者を選出し、紹介します。技術コンサルティングや特許取得についてのご相談にも応じています。また、本学に所属する各教員の研究室の見学や、教員による企業の現場訪問を実施するなど、問題意識を共有することから当部の支援活動は始まります。

中部大学は「工学」「応用生物学」「生命健康科学」「経営情報学」「国際関係学」「人文学」「現代教育学」を網羅する「大学院6研究科17専攻と7学部30学科を擁する総合大学」として知的資産を集積しています。多分野を横断する共同研究体制で、社会や企業の活性に向けての支援に尽力しています。

研究推進企画室、産官学連携推進室/研究推進事務部 研究支援課 組織

                     

研究推進企画室長 竹内 芳美
(副学長) (工学部 教授)
研究推進企画室副室長 鈴木 茂
(応用生物学部 教授)
産学官連携推進室長 行本 正雄
(工学部 教授)
産学官連携推進室副室長 和田 俊夫
(応用生物学部 教授)
コーディネーター (非常勤)
研究推進事務部長 石井 和則
研究支援課長 墨 勝典
担当課長 佐藤 尚、河地 利彦
事務員  

研究推進事務部 研究支援課へのアクセス

場所

2号館2階 (平成28年1月末日に16号館10階から移転しました)

連絡先

電話: 0568-51-4852 (直通)
Eメール: kensien@office.chubu.ac.jpメーラーが起動します

ページの先頭へ