• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

受験生へのメッセージ

臨床工学分野で活躍できる臨床工学技士を目指そう!

臨床工学とは工学の知識を医療の場へ応用しようとする学問分野です。

人間の臓器の機能を代行する人工呼吸器、人工心肺装置、人工透析装置や生命を維持する装置などを操作し、保守点検、開発を行う実践分野であり、現代の医療には高度な医療機器が必要不可欠であり、これらを的確かつ安全に操作するためには、計測・制御に詳しく、高度の医療知識と経験が要求されます。そのためには、臨床工学技士(国家資格)の資格が必要です。

中部大学では、臨床工学分野で活躍できる臨床工学技士の育成を目指しています。そのために以下のような特長をもったカリキュラムや学習・研究環境を用意しています。

  1. 豊かな人間性を備え、保健衛生学・医学と生命科学の基礎を十分に理解し、疾病予防を重視した深い見識と知識を有する人材を育成するための教育プログラム
  2. 電気工学・電子工学・機械工学・情報工学などの基盤となる知識、技術を応用して生体工学、医用工学、臨床工学分野における機器開発能力や問題解決能力を有する専門家を育成するための教育・実習プログラムと実習環境
  3. 大学近辺の医療機関や連携医療機関をはじめとして東海三県の臨床実習施設を中心に手術室、集中治療室、人工透析室などの医療の現場で臨床実践力を体得するための実習プログラムと実習施設。また、実習は出身地などの病院で行う準備もすすめます。

臨床工学技士には、幅広い学識と多面的な人間理解能力が必要です。その上に、医療スタッフとしての役割を理解し、連携して問題解決をはかるためのコミュニケーション能力が要求されます。中部大学では、医療の全体像を見わたす5学科体制で今後の臨床工学技術を牽引できる指導的なエンジニアを育成していきます。

臨床工学科 教員一同

臨床工学科イメージ1 臨床工学科イメージ2

ページの先頭へ